マイLOVE♡マイLIFE

マイラブファームのHeal The Worldな毎日〜マイラブ・マイライフ〜

20/3/8 新シーズンの収穫予定と展望について。

| 0件のコメント

3月8日(日)雨 9時気温7度 湿度87% 北の小風

今日は1日冷たい雨。割り切って1日畑作業はお休みして、ゆっくり過ごしながら、新シーズンに向けての準備をしました。

今日は新シーズンの収穫予定と展望についてお知らします。

まずは新シーズン(4~9月)の収穫予定を更新しました!

収穫予定200309_page-0001

1年目に比べ、2年目の前シーズンはおかげさまで倍以上の数の野菜セットをお届けすることができました。
一方で、下記のような課題がありました。

・春夏は育苗技術の未熟による夏野菜の収穫の遅れと猛暑の影響による収穫量の低下
・秋冬は台風の影響による収穫の遅れとそれに伴う青田刈りによる収穫の小粒化、メイン野菜(キャベツ、白菜)の不作

新シーズンに向けて、より一層みなさまのご期待に応えるべく、マイラブファームは大きく分けて3つの対応をしてゆきます。

1.耕作面積の倍増(対応済)
2.熟練度(技術と経験)の向上
3.気候変動(猛暑、台風など)への対応

 

1.耕作面積の倍増(対応済)
新シーズンは耕作面積が約2倍になります。
実稼働ベースで従来30~40アールから70アールに(10アール = 1,000平米)。
ここで、従来比2~3倍の収穫量を目指してゆきます。

まずは販売数量を週15セットから週20セットに増やします。
前シーズンでは2か月先まで完売という状況でしたが、実際には定期購入数で既に予定数ほぼ完売の状態で、新規や単発での購入機会がほとんど確保できない状態でした。
20セットから立ち上がりの状況を見て、計画どおり収穫が進んでいれば、更に拡大を図ってゆき、倍増の30セットまでは出来るようにしたいと思っています。

メイン圃場
84503392_2895240600526528_3607619146767925248_n

第二圃場(奥に見えるのがメイン圃場)
84767663_2900275383356383_9185660033562574848_n

第三圃場
84610835_2902987486418506_8559103792035921920_n

また広さの確保によって、作付計画に、注力野菜をおく余裕が出来てきます。
にんじん、玉ねぎ、ねぎ、じゃがいも、さつまいも、キャベツ、レタスといった定番ものを、注力野菜としてより多く育ててゆきたいと思っています。

にんじん畝
大人気のにんじんは看板商品として1年を通じてお届けできるよう、また地域の流通も意識して、有機JAS認定も視野に入れてゆきます。

82281818_2866089276774994_5602191195842281472_n

2.熟練度(技術と経験)の向上
この1年で、多くの栽培技術の未熟さを知り、向上するための方策を学びました。
新シーズンでは、その学んだことを実践してゆきたいと思います。
具体的には、

・育苗管理
前シーズンより電熱温床を用いた春夏野菜の育苗を開始しました。
採光管理、温湿度管理、苗土の醸成や選定、育苗場所や間隔など、さまざまな課題を発見して修正、今年頭から実践してきました。また、夏野菜については、自家採種による種の生育が非常によく現れでいています。その成果として今、トマト、ミニトマト、なす、ピーマン、きゅうり、かぼちゃ、ズッキーニ、パプリカといった夏果菜が見違えるように順調に生育しており、旬を逃さずお届けできる見込みが高くなってきています。

87518058_2964404183610169_1736924949626486784_n

87510537_2964403870276867_2265870392834916352_n

などなど、いくつかの大きなポイントがあります。
また追記します。

3.気候変動(猛暑、台風など)への対応
7~8月は猛暑になるものとして、9~10月に大きな台風が来ると想定して、対応してゆきます。
猛暑には収穫が停滞する分、メイン野菜については多くの畝数を確保して作付をしてゆきます。暑さに強いつるむらさき、モロヘイヤ、スイスチャードなどを多く育ててゆきます。
台風に向けては貯蔵性の高いもの、にんじん、玉ねぎ、さつまいも、かぼちゃなどを多く栽培してストックしておきます。
施策について、特に防備が弱かった9月の台風19号の際は、秋冬の作物が全滅状態となりました。
10月の台風21号に際して、風向き方向への防風ネット、出来るだけ多くの作物への寒冷紗トンネル敷設などにより、一定の効果を得ました。このような施策を出来るだけ万全にして対応してゆきたいと思います。

このようなことを実践しながら、新シーズンは、一層充実した内容でみなさまにお届けしてゆきたいと思います。

新シーズンもどうぞよろしくお願いします。

 

 

今日も1日ありがとうございました(^O^)

無農薬自然栽培マイラブファーム
>>ご注文はこちらから
>>Facebookページ
>>Instagram

マイラブファーム掲載
実践者が語る 半農半Xのいまとこれから
よ・も・ぎ書店より絶賛発売中!


コメントを残す

必須欄は * がついています