マイLOVE♡マイLIFE

マイラブファームのHeal The Worldな毎日〜マイラブ・マイライフ〜

19/12/21 冬至。西小中台子ども食堂のクリスマス。

2019年12月22日 から マイLOVE♡マイLIFE | 0件のコメント

12月21日(土)くもり

明日は二十四節季の「冬至」。1年で一番日が短い日。
(今年の冬至は今日じゃなくて12月22日でしたm(__)m)
これから1月2月と、寒さは一段と本格的になってくるが、
自然界では、ここから生命のパワーがだんだんみなぎってくる。
自然と共生する農家にとっても、ここからが「春」のはじまり。

今日は隣町の千葉市花見川区西小中台で毎月開催している「西小中台こども食堂」に。
今日のお食事のため、マイラブファームより、にんじんを提供させていただきました。
念願であり、初志のひとつ、子ども食堂への取り組みについて、ささやかながら第一歩を踏み出させていただいた。

メリークリスマス!

79779366_2799109753472947_1810677702831636480_n

開催場所の西小中台ショッピングセンターは、昭和感が漂うというか、
そのまま昭和にタイムスリップしたような場所。

80761110_2797407243643198_40005799296106496_n

提供させていただいたにんじんは、
ニンジン炊き込みご飯、ニンジンケーキに。
面会するのが楽しみ!待ち遠しい。
79808095_2799108113473111_4321946476667207680_n

今日の子ども食堂は、こども12人、おとな12人が来場。
思い思いにクリスマスを楽しみ、クリスマスリースづくりのワークショップが行われました。
(ご来場者さまにカメラを向けることができなかったので、当日の雰囲気は、主催者さま発信の情報をご覧ください)
>>西小中台子ども食堂ホームページ第25回開催分
>>西小中台子ども食堂Facebookイベント第25回開催分
>>西小中台子ども食堂Facebookページ

それにしてもわが町さつきが丘も然りだが、さらに輪をかけたレトロ感。
僕たち世代にとっては、こんな雰囲気たまらないのだけど、、
世間並みに言えば寂れ感が半端なく、
地域に生きる当事者にとっては深刻な問題。

この子ども食堂は、千葉大学の地方創生推進事業として行われている。
千葉大学大学院工学研究院建築学コース・都市計画研究室で准教授を務められている松浦健治郎さんと、場所を提供する障がい者支援施設運営NPOろーたすfuji理事長で、ショッピングセンター内にあるレストラン・はりまおきっちんのオーナー、竹内隆介さんが中心になって企画運営を行っている。

2017年6月に第1回の西小中台団地ショッピングセンター再生ワークショップが開催され、
同年10月の第5回のワークショップ開催のアウトプットとして、第1回のこども食堂が始まったそうな。
こうして続けてこられた今回が第25回目の開催となる。

千葉大学准教授の松浦さん(向かって右端)と
ろーたすfuji理事長で、はりまおきっちんオーナーの武内さん(向かって左端)と。
79683422_2799109223473000_8609249914628603904_n

武内さんは、元々ヘアスタイリストで、思い立ってインドネシアに移住された時に福祉の重要さに気づき学び、日本に帰って障がい者支援NPOとレストランを始められたそう。はりまおきっちんは東南アジアテイストのレストランだったそうだが今年の8月で閉店、今はオープンスペースとして有効活用する日替わり店長さんを募集している。
物静かで優しい雰囲気の方だけど、思いを実行するパワーがすごい。こんなすんごい人がご近所にいて嬉しい!お店、ぜひ使わせていただいて何かやりたい!

にんじんは炊き込みごはんとレアチーズケーキに。
インドネシア仕込み・ナシゴレン風炊き込みご飯は全然辛くなくてとってもやさしい味。
「にんじんの香りがすごい」などと感想をいただき嬉しい限り。
レタスは隣接する小さな共同農園「西小中台みんなのはたけ」で育てたのを収穫したもの。
レアチーズケーキは至福のおいしさ!
どうやったらこんなふわふわでおいしく出来るのでしょうか?
と評判でした。しっかりにんじんの味も効いてて嬉しい限り。

80051957_2799107710139818_1348304205466566656_n

マイラブファームのオープンデーにもお越しいただいた地元小中台の方と合流。
ランチをご一緒すると、たくさんの人のつながりがあった。
(写真)

今日ここに集まった子どもたちがどんな境遇なのかは一目ではわからなかったけど、
そこにはあたたかい空間が広がっていた。
この1日が思い出深く幸せなものであってほしい。

ここ西小中台団地は、1970年代あたまに建設され、50年ちかく、高度経済成長から今までを見てきた。
バブルが崩壊して、「1億総中流社会」から「少子高齢・格差社会」に。
(気が付けば、バブル崩壊後の世の中の方が30年あまりでもう長い)
それでもなお「生産性」が人の価値を測るものさしであり続け(山本太郎さんの言葉)
グローバル化、スケール化、システム化で疲弊した人の心と体。
自分らしさを見出すことの困難さ、生きるということの困難さ。
子ども食堂は、今の閉塞した日本の生活事情にずっと大事なライフラインだと思っている。
子ども達の未来を思う気持ち一つで運営を行っている方々の努力には本当に頭が下がる。
本来は、国が行うべきこと。
「子ども食堂」という形にはまらず、いろんな形で、子どもや親の心身を潤す場所が増えてもらいたい。

小さな地域のコミュニティをどうやって活発で明るく幸せなものにするか。
これこそが、これから築いてゆくべき「経済」そのものだと思っています。
今日の小さな一歩で得たご縁、感じた事を大切にして、僕たちなりに考えてゆきたい。

80297259_2799107623473160_501898496547225600_n (1)

とってもあったかいクリスマスを過ごさせていただきました!

今日も1日ありがとうございました(^O^)

無農薬自然栽培マイラブファーム
>>ご注文はこちらから
>>Facebookページ
>>Instagram


ウィンターフェス!2019@仙台ありがとうございました!

2019年12月17日 から マイLOVE♡マイLIFE | 0件のコメント

12月1日(日)

宮城県仙台市高砂市民センターで開催された「ウィンターフェス!」に無農薬・自然栽培マイラブファームとして出店、マイケルやも&仙台フレンズ、マイケルやも&さち(from マイラブファーム)として出演しました。

191201Yamo&Sachi (10)

久々の東北遠征。観光などは出来ませんでしたが満喫しました。
たくさんのご来場、応援ありがとうございました!

75210774_1297484217097878_1342225237604827136_o (1)

仙台のマイケルファンのみなさまとは、マイケルの旅立ちをきっかけにつながり、東日本大震災を通じて絆を深めさせていただきました。
今回はこのイベントを主催する被災地応援交流事業「平日フェス実行委員会」に仙台のマイケルファン(トリビュート・トゥ・マイケル・ジャクソン仙台)のすずまきさんがいらっしゃって、そのご推薦よりお声かけをいただきました。
今年は僕たちが住む千葉県をはじめ多くの地域が台風や洪水で大変な被害に遭いました。
自然災害は他山の石ではなく、明日は我が身という心積もりがますます必要になってきました。
このイベントでは、今まで佐賀県から多数の応援を受けられているというご縁で九州豪雨災害、そして今年発生した千葉台風災害、台風19号被害への募金が行われました。
東日本大震災に見舞われた仙台より、「支援への感謝」、「自力での復興」、そして「助け合いの精神」へとつながる思いが反映され形にされた、素晴らしい発想のイベントだと思いました。

会場は学校の体育館ほどの大きさのホールの椅子席がほぼ満員に埋まり、およそ500人が来場されたということで、寒い中熱気で包まれていました。出演者には、地元のパフォーマー、仙台のご当地人気アーティスト伊東洋平さん、MONKEY MAJIKのパーカッションも務めた齋藤寛さん率いるバンドのブラジル音楽などなどそうそうたるステージがラインアップされていて、伊東洋平さんの会場中に響く魂の歌声で来場者が一体化したのに続いて、最後のステージ出演者としてステージに上がる時には、
ホンマかいな~と、変な汗が出まくる(^^;

74412701_1298933236952976_6041682357289746432_o (1)

マイケルやも&仙台フレンズのステージ

マイケル・ジャクソンは大きな災害や戦争などで苦しむ人々がいるとチャリティ・ソングを作って、その地の人たちを励ましました。アフリカ飢饉にむけたウィ・アー・ザ・ワールドがあまりにも有名ですが、全米同時多発テロ事件、米国を襲ったハリケーン・カトリーナ、インドネシアで10万人もの犠牲者を出したスマトラ沖地震、紛争が続き民間人が犠牲になり続けるパレスチナの人々などにも心を寄せて曲を作っていました。
阪神淡路大震災が起こった時も、チャリティ・ソング「ピープル・オブ・ザ・ワールド」「チルドレンズ・ホリデー」を作って、秋元康さん日本語訳、ジャニーズのユニット「Jフレンズ」が歌って、神戸の人たちや日本中を励ましてくれました。
東日本大震災が起こったとき、マイケル・ジャクソンはすでにこの世を旅立っていました。
もしマイケルがいれば、きっと東北に来てくれたでしょう。
チャリティ・ソングを作って励ましてくれたでしょう。
マイケルがいなくなった今、今度は私たちマイケルファンが東北を、日本を元気にしよう。
そう思って僕たちマイケルファンはチャリティの機会を求めて動き出しました。

その時、仙台のマイケルファン仲間は、自ら被災しているにもかかわらず、気丈にも、マイケルの精神を受け継ぐんだと、東北中をご一緒させていただきました。

仙台空港では、空港再開後初のアトラクションでマイケルパフォーマンスを一緒しました。
sendaiair

陸前高田では、子ども達と一緒にクリスマスを過ごしました。
presentscene
福島では、原発の近くから避難してきた方々の仮設住宅に、何度も一緒に行っていただきました。
マイケルふれあいステージを開始間もない時、原発に危険が残っていて、人に声をかけにくい時でした(結局それは、マイケルふれあいステージを開催している間は、一度も払拭されませんでした)が、うめちゃんとまゆみさんがご一緒してくれました。この時は初めて仮設住宅の中に上げていただき、お話を聴きながら、ハンドマッサージなどを施していただきました。
仙台や石巻から大挙して参加してくれた時もありました。
kako-3xLZ11B1xp39rnZ7

今回の出演は、このようなご縁よりお声かけをいただき、実現したものです。
今ほとんど活動が行われていないという中、わざわざ集まってくれた仙台のマイケルファンのみなさまと再会した時には感慨無量でした。
そしてわずかな練習の中での一糸乱れぬパフォーマンスにはさすがと思いました。
10年の思いが詰まったステージ。
この時間は大切な宝物です!

<BAD>
191201Medley (3)

<スムーズ・クリミナル>
191201Medley (5)

<スリラー>
191201Medley (9)

会場のみなさまとも一緒に踊りました。

<ビートイット・ワークショップ>
191201BIWS (4)

世界中の人がやってるマイケルダンス
みなさんもご一緒にやってみましょう!
ゆびパッチン
ゆびパッチン
上上上上
よーこよーこ
みなさん!
これだけでこのダンスの半分マスターしましたよ!
これで今日からマイケルダンスで世界中の人とつながれます。
これこそが平和。

マイケルやも&さち(from マイラブファーム)のステージ

191201Yamo&Sachi (1)

マイケル・ジャクソンは、亡くなる直前に準備していたコンサートツアー「This Is It」で、こんなメッセージを世界中に伝えようとしていました。
「もう一度、愛の大切さを思い出させよう。
そして地球を大切に。
4年で環境破壊を止めて地球を守ろう。」
そのコンサート直前で、マイケルは旅立ちました。
このメッセージは、このコンサートのリハーサルをドキュメンタリー映画にして空前のヒットとなった「マイケル・ジャクソン This Is It」によって明らかになりました。
それから10年が経ちました。
今年は度重なる台風や洪水で、僕たちが住む千葉も大変な被害に遭いました。
宮城県や福島県でも、この被害で今もたくさんの方が苦しい思いをされている事でしょう。
僕はこんなマイケルの言葉を胸に、2年前に、妻の佐智子と一緒に、
千葉市花見川区というところに、僕たちのネバーランド、マイラブファームを開園しました。
ここでは、無農薬・無肥料で、太陽と大地と、動物や虫や草木と共生しながら、野菜を育てて届けています。

「地球を癒そう。」
「地球を大切にしよう。」
「子ども達のために地球を守ろう。」
マイケルが生涯をかけて伝えようとしていたメッセージ、
「ヒール・ザ・ワールド」を僕たちなりに形にしたいと思っています。

そんな思いのぎゅっと詰まったステージをお届けしました。

<ゼイ・ドント・ケア・アバウト・アス>
191201Yamo&Sachi (2)

にんじん
じゃがいも
ピーマン
トマト
大根
白菜
いんげん
えだまめ
僕らはみんな野菜が大好きだ。
僕らはみんな平和が大好きだ。
僕らはみんな戦争反対。
僕らはみんな原発反対。
僕らはみんな平和が大好きだ。

<ブラック・オア・ホワイト>
191201Yamo&Sachi (4)

日本が大好き。平和が大好き。
地球が大好き。子どもが大好き。
北朝鮮も友だち。韓国も友だち。
地球はひとつ。みんなの地球。
平和♥平和♥平和♥平和♥平和♥平和♥平和♥平和~♥

<ヒール・ザ・ワールド>
191201Yamo&Sachi (10)

大地は先祖からの贈り物ではありません。
大地は未来の子ども達からの預かりものです。
その大地から、すべての命はつながっています。
すべての命は循環しています。
みなさんもどうか、そんな命のつながりと循環を感じられる毎日をお過ごしください。
もし、どうしてもそれが感じられない場合は、
マイラブファームの野菜を買って食べてください(笑)
最後の曲になりました。
マイケル・ジャクソンが、子ども達のために、
地球を守ろうと、作った曲です。
ヒール・ザ・ワールド。

♪ヒール・ザ・ワールド
世界を素晴らしい場所に変えてゆこう。
そうさ平和な世界を作るんだ君と僕のため。
みんなのため。

Thank You 仙台!
がんばっぺ東北!
Heal The World!

たくさんのご来場、応援ありがとうございました!

無農薬・自然栽培マイラブファーム出店

ステージが終わった後にも、

「マイケル・ジャクソンがそんな人だったとは知らなかった」
「あなたの思いを応援したいです」
「千葉も大変みたいだけどがんばって」

といった感じでたくさんの方々がお店に集まり、マイラブ野菜を買ってくれました。
売上は九州豪雨災害及び千葉台風災害、台風19号被害への募金に使っていただけるよう、ささやかですがこのイベントに寄付をさせていただきました。

78366251_2758524810883454_5753757138564415488_n

78650499_2758525697550032_9076288794449149952_n

TtMJ仙台のみなさんと。僕は靴が足袋。
ありがとう!本当に感謝感激でした!

78226766_1529718537167235_4508908954272661504_n

主催の平日フェス実行委員会の砂子さんと。アースデイ仙台の実行委員もなされていて、大変ご理解を頂いていました。
本当にありがとうございました!
78419610_2758523970883538_8251737163327078400_n

たくさんのご来場、応援ありがとうございました!

78467252_2758523594216909_5782114539877171200_n

 

無農薬自然栽培マイラブファーム
>>ご注文はこちらから
>>Facebookページ
>>Instagram


第三回ソーラーシェアリング収穫祭ありがとうございました!

2019年11月18日 から マイLOVE♡マイLIFE | 0件のコメント

2019年11月17日、千葉県匝瑳市で開催された「第三回ソーラーシェアリング収穫祭」に出店・出演しました。

74627056_2721083337942256_4566416036630364160_n

2017年3月に開始した日本最大規模のソーラーシェアリング「匝瑳メガソーラーシェアリング」を運営する市民エネルギーちばを中心に開催され、今年が3回目です。市民エネルギーちばは、アースデイ東京、アースデイちばでお世話になっている東さんが中心に立ち上げたもの。その信念たるや、並大抵のものではありません。マイラブファームは今回が念願の初出店です。

73537398_2721083701275553_4773673458775097344_n

行き帰りの道の両側は果てしなく田んぼや畑が広がり、改めて千葉県が大自然に恵まれ農業に立脚した地であることを感じます。
が、しかし、台風の被害で7~8割方のビニールハウスや農業施設が損壊したままで、その傷あとの深さに思わず絶句。今回の台風被害では、農業をあきらめて廃業しようという農家がかなり多いようです。この景観を見れば、無理もないと納得してしまうほどでした。
これから本当に、農業も人々の生活も変わってゆかないと、もう持続できない。
そんな所まで来ていることをつくづく感じながら会場に行きました。

ソーラーシェアリング収穫祭は、マルシェ、ステージ、ワークショップで構成。
ソーラーパネルの下で育った芋ほり体験(採り放題)というのもある。
これは地球おみこし!
75380430_2721083574608899_6881235999939100672_n

ソーラーステージは、名前のとおりソーラーシェアリングで発電された電気を使って行われました。ほとんどの出演者は、地元匝瑳の方々や移住された方々でした。この地に移り住む人たちの人生の選択に、共感と感銘を受けました。

76997700_2721084551275468_8713037872350887936_n

東さんには、アースデイ東京でハッタケンタローさんが企画出店している「土と平和の祭典」でつながり、東さんが陣頭指揮をとってこられた「アースデイちば」などでお世話になってきました。
最近、自然や景観を損なってまで拡大するメガソーラーにも悪いイメージが出来てきましたが、原発から脱するために、太陽光発電は一番代替エネルギーとして現実的で、なおかつその中でも、農地にソーラーシェアリングという手法は、とても理にかなっている、というか、地球にやさしくメガソーラーをやるなら、これしかないだろう、という手法を実践しているところが、この合資会社のイノベーティブなところと感じています。

市民エネルギーちばHPより
ただ単純に自然エネルギーによる発電所をつくるのではなく、【食】【地域】【農】【生態系】なども配慮・連携して建設やプロデュースを行っていきます。今後は景観や設置地域との関係性も本格的な自然エネルギーの普及には大切な要素だと強く感じています。
本来、自然エネルギーはポジティブなイメージのもののはずですが、中短期的なお金儲けの計算だけで計画・実施された自然エネルギーは、だれの目からも違和感を感じるものになると思います。

東さんと。

73145900_2722209847848284_8707205624590499840_n

当日司会を務められた高坂勝さんは、「半農半Xのいまとこれから」にも一緒に出させていただいています。高坂さんが脱サラして”半農半バーテンダー”として開始したオーガニックバー「たまにはTSUKIでも眺めましょ」で生き方に行き詰まったサラリーマンなどにお金や経済合理性だけを追い求めるのではない「ダウンシフトして生きる」生き方を提案することで駆け込み寺となり、匝瑳をはじめ全国に半農半X的なダウンシフターを生んでいます。
いよいよ年内には発売予定の塩野直樹さん、吉度ちはるさん編著「実践者が語る半農半Xのいまとこれから」には、一緒に掲載いただいています。

あまりに大車輪のご活躍に、一緒に写真撮りそこないました(^^;
右から二番目で座ってマイクを持っているのが高坂さん。

75282335_2722209637848305_8931200787690815488_n (1)

サラリーマンから転身してディジリドゥを中心とした廃材を使ったオリジナル楽器を開発して演奏するけやきさん、格闘技者からパフォーマー、そして現在は立憲民主党の国会議員という須藤元気さん率いるパフォーマンス集団ワールドオーダーのオリジナルメンバー、内山隼人さんという匝瑳に移住した2人のアーティストの競演ステージは圧巻でした。
内山さんはワールドオーダーではおなじみの、超スローのアニメーションの動きなどを使っての「百姓ダンス」自然の中で農に生きるさまを表現していました。

内山さんと。

78220689_2721083444608912_5265435570510757888_n

そんな中で、同じ千葉県内ではありますが、匝瑳外の僕たちがステージに上がらせていただいたのは、光栄に思います。そして僕たちのパフォーマンスや生き方も、今日出店、出演されているみなさんのメッセージと全く同じだなと心から感じました。

75402252_2722208704515065_7720796759349264384_n (1)

台風の影響で収穫はまだ遅れた状態が続きますが、
出店中止となった先々週、さつまいもとしょうがのみだった先週に比べ、
ようやくな歳の種類も豊富になってきました。

75279265_2721085367942053_6350710184859402240_n

今日はルッコラ、水菜、赤からし菜、サニーレタス、スイスチャード、ラディッシュ、ミニパプリカの7種が入った特製マイラブサラダが大人気。

75567355_2721085844608672_7111698829736411136_n

おかげさまで用意した野菜はすべて完売しました(^O^)

75481640_2722209461181656_4156224338917326848_n

また言い足りないところ、大事なところ追記します。

当日の模様については、高坂勝さんがブログで紹介されています。
https://ameblo.jp/smile-moonset/entry-12546649958.html

ぜひご覧ください!

たくさんのご来場、応援ありがとうございました!


【イベントご案内】ソーラーシェアリング収穫祭@千葉県匝瑳市

2019年11月15日 から マイLOVE♡マイLIFE | 0件のコメント

マイケルやも&さち(from マイラブファーム)としてステージ出演(10:30~30分の予定)、無農薬・自然栽培マイラブファームとして出店します。

ソラシェア収穫祭_表_page-0001

<<ソーラーステージ・タイムテーブル>>

・ 9:55 スエちゃんの「どんがどんが」
・10:00 始めの挨拶(椿茂雄)
・10:30 マイケルやも
・11:00 豊葉会(匝瑳豊和地区のお囃子&子ども神輿)
・11:50 TAWOO(和太鼓アレンジグループ)
・12:50 KEYAKI&内山隼人
・13:30 近藤剛志&62
・13:55 締めの挨拶(髙坂勝)

ソラシェア収穫祭_裏_page-0001

【収穫祭2019の概要】
■日時:2019年11月17日(日)10:00~14:00 (少雨決行・荒天中止)
■場所:千葉県匝瑳市飯塚3258 匝瑳メガソーラーシェアリング第一発電所
■主催:ソーラーシェアリング収穫祭実行委員会
■共催: 匝瑳ソーラーシェアリング合同会社 / 市民エネルギーちば株式会社
■協賛: 農業生産法人Three little birds / patagonia / アースガーデン / (株)セガワ / NPO法人ワーカーズコープ
■後援:匝瑳市 / 豊和村つくり協議会
■協力: NPO法人『匝瑳プロジェクト』 / NPO法人『グリーンタートルズ』 / アースデイちば実行委員会
■集客予想:1000~1500人(地域はもちろん都内含む都市部及びその他地域からも来場あり)
■チラシ配布枚数:15.000枚(匝瑳市全域への新聞折込・近隣学校配布・関係者への郵送あり)
■A2ポスター 200枚(JR八日市場駅・金融機関・コンビニを含む市内各所掲示)
■メディア&プレス対応(大手メディア含め20社以上のメディアにパブリシティを行います。)

◯イベント内容(予定)出演者については一部交渉中 各出演者の時間については調整中です

◼ソーラーステージ:
・成澤欅(KEYAKI:デジュリドゥ・木琴・ごみ楽器)
・内山隼人(World Order:ロボットダンス etc)
・近藤剛志(Piano & パーカッション)
・”半農半マイケル”マイケルやも
・豊和地区「豊葉会」お噺子演奏
・和太鼓グループ『TAWOO(タオ)』
・髙坂勝ナビゲート『移住よもやま話』
– 著書『ダウンシフターズ』『Re』
※ソーラーステージの電源は100%ソーラーで賄われています

◼出店

【飲食系】※全店、県内有機野菜または地元の旬の野菜使用
・こがし焼きそば三ツ星
・あっこさんの美味しい麺屋台
・アジアンカフェ食堂チャナリーフ
・水出し屋 十六夜堂
・みやもと山

 【ファーマーズ・マーケット】
・Bocchi -SEGAWA PEANUTS-
・マイラブファーム
・農業生産法人 Three little birds
・農民運動千葉県連合会
・たまや(多肉植物)
・地元農家さんの野菜・農産加工品販売

【クラフト・その他】
・かさねworks
・Patagonia

※都合により一部変更の場合もございます。

◼求む!廃油!バイオディーゼル作りの芝山あぐり〜ん
収穫祭当日に、ご家庭で使用済み、または賞味期限の過ぎた天ぷら油を回収いたします(植物性油に限る)。ペットボトルに入れて会場までご持参ください。そのままお引き取りいたします。
回収された天ぷら油は軽油の代替え燃料(BDF)として精製。
現在ソーラーシェアリングの農業耕作トラクターにも使用中です!

■災害に負けないソーラー発電 無料講習&販売会
停電時に役立つソーラー発電システムについての講習会とソーラーパネルなどの格安販売を行います。

◼ソーラーシェアリング交流サロン
全国からソーラーシェアリング仲間、自然エネルギー仲間が集います。
ソーラーシェアリングの初歩から、最先端の話まで色々な情報交換ができます。
『ちょっと興味のある方』『とっても興味のある方』『すでに実践している皆様』
どうぞお気軽にお立ち寄りくださいませ。

■わらじ造りワークショップ
熟練の職人の指導で自分の手でわらじを編むことができるワークショップです。
お子さんとお揃いのわらじを編んでみても楽しいですよ。

 ■芋掘り大会 ※小学生以下無料!

イベント終了14:00 ⇒片づけ開始

たくさんのご来場を心よりお待ちしています!


19/11/10 「しあわせの経済フォーラム2019」ありがとうございました!

2019年11月11日 から マイLOVE♡マイLIFE | 0件のコメント

11月10日(日)はれ
天皇皇后即位祝賀パレードの日。
日本晴れで雪を冠した富士山も見事な姿を披露。

台風の影響による収穫不足で、出店中止とさせていただいていた

しあわせの経済フォーラム2019

当日主催者さまのお取り計らいにより、小間をご用意いただき、さつまいもとしょうがのみ販売させていただきました。
2年前から参加させていただきとても思い入れのあるイベント、主催者の方々、お会いしたみなさまに心より感謝いたします。

マイケルが星になって10年。
10年前、マイケル・ジャクソンは幻となったロンドンでの復活コンサートThis Is Itで、「4年で環境破壊を止めて地球を守ろう!」と世界に発信しようとしていた。
そのハイライトとして準備していた楽曲「アースソング」は、人間の乱開発によるアマゾンの森林消失を止めるというストーリーで展開される予定だった。

人類は今、後戻りの出来ない道を爆進する暴走列車。
みんなこう言う。「きっと誰かがやってくれるさ。」
でも誰かって一体誰?
まずは僕たちから始めようよ。
そうしなければ、絶対になしえない。

曲の最後にマイケルはこう添える予定だった。

そのアースソングのリハーサルを最後に、
マイケルは旅立ったといわれている。

「4年で環境破壊を止めて地球を守ろう!」
僕たちも、そんなマイケルのメッセージに導かれて、この道にたどり着いた。

今、アマゾンの火災が大きな社会問題になっている。
世界中で気候変動による自然災害が多発している。
もう、後戻りできないところまで来ている。

「しあわせの経済フォーラム」は、
「グローバリゼーション」から「ローカリゼーション」へのシフトによって、地球や人類の持続可能な道をつくる。
世界中のローカリストが集結する一大イベント。
「ローカリゼーション」事例や意見やヒントが満載。

その一つ一つを学び、伝えてゆきたいと思っていたが、、

そんなことで、出店すると、学びの時間を持つこともままならない(^^;

企画運営プロデュースのハッタケンタローさんと。
74314996_2707490962634827_186447253328625664_n
出店ではさつまいもとしょうがのみ販売。
マイラブファームの農場は千葉県と知って、たくさんの方から台風被害への心配やお見舞い、励ましをいただいた。
そして多くの方から、今日はパフォーマンスはないんですか?
と聞かれる(笑)

今日はありません。また今度。
75380087_2707491279301462_1036133161915908096_n

登壇された元農林水産大臣の山田正彦さんと。

74604436_1189029654619477_912438297064636416_o

新しい著書「売り渡される食の安全 (角川新書)
にサインをいただく。

「食から日本を変えよう!」
76192596_2707491355968121_6968199157718712320_n

「売り渡される食の安全」には、
農薬、遺伝子組み換え、ゲノム編集などによる食の安全への不安、
その背景、これから起こる可能性が高い不安など、克明にやさしく書いてある。
・グローバリストの牙城が崩れ出している「モンサント裁判」
・そのきっかけとなったゼン・ハニーカットさんの「マム・アクロス・アメリカ運動」や欧州、南米でのラウンドアップ禁止の流れ
・そして全世界的な消費者の「Buyオーガニック・Non GMO(遺伝子組み換え)」の流れ
・にもかかわらずその流れに逆行する日本の農薬への安全基準や種子法廃止など法改定の危うさとこれからの対処法

今、日本だけが逆行し乗り遅れる、
「グローバリゼーション」から「ローカリゼーション」へのシフト
「しあわせの経済フォーラム」が発信し提案する内容
の縮図にして最前線といえると思います。

 

脱原発ゆるキャラ・ゼロノミクマと再会

76706873_2722385191164083_9222567829998403584_n

また追記させていただきます。
取り急ぎご報告まで。

今日も1日ありがとうございました(^O^)

無農薬自然栽培マイラブファーム
>>ご注文はこちらから
>>Facebookページ
>>Instagram


第五回食育マルシェ&食育映画祭ありがとうございました!

2019年10月21日 から マイLOVE♡マイLIFE | 0件のコメント

2019年10月19日(土)新宿タカシマヤタイムズスクエアで開催された第五回食育マルシェ&食育映画祭に出店・出演しました。

72955529_2662070860528850_7558749460042350592_n (1)

服部栄養専門学校校長でテレビでもおなじみの食の専門家、服部幸應さんは、
食育(食を通じた心身両面の健康づくり)を提唱し、現在は内閣府「食育推進評価専門委員会」座長、「早寝早起き朝ごはん全国協議会」副会長として、食育の理解・浸透のためにより積極的な推進活動を行っています。

「食育マルシェ&食育映画祭」は、その一環としてHATTORI食育クラブによって開催されています。
マイラブファームとしては今回が3回目の出店・出演となりました。
このような素晴らしいイベントに参加できることを大変光栄に思っています。

9月9日に台風15号が直撃、千葉県を中心に暴風により家屋や農業施設などが損壊、電気水道ガス電波といったライフラインに大きな被害が発生。10月12日には台風19号が関東・東北・北信越を中心に広範囲な河川の氾濫を招き、甚大な被害が発生しました。

国内4位のここ千葉県の農業へは特に深刻な被害をもたらし、農家を存続してゆくことへの不安を感じさせ、意欲を低下させています。引退、廃業を余儀なくされる農家も後を絶ちません。

そんな時に、このイベントの企画プロデュースをしているハッタケンタローさんから、この一連の台風被害に見舞われた農家を支援するプロジェクト「ファームエイド」の構想をお聞きしました。ハッタさんも「忍者ハッタリくん」なるキャラクターに変身し、子どもたちに折り紙を体験してもらいながらこの「ファームエイド」の盛り上げを図りました。
75341056_2662039193846671_221351941442109440_o

マイケルやも&さち(fromマイラブファーム)のステージは、19日の最終プログラムでこの「ファームエイド」のチャリティステージとして開催されました。
おかげさまでこの日13,057円の寄付金が集まり、ご縁のある農家さんにお見舞金として、食育マルシェ実行委員会から渡される予定です。
チャリティにご協力いただいたみなさま、ありがとうございます!
72987659_2662578307144772_2569321772306399232_n

この「ファームエイド」の構想は、現在進行中で、どんな形になってゆくかまだわかりませんが、僕たちも、被災当事者である「農家」としての立ち位置と視点で、このプロジェクトに出来るだけ協力を継続してゆきたいと思っています。
74645254_2662578433811426_4707941922067447808_n

台風19号の影響により、マイラブファームもイベント前日の18日の出荷を中止しました。
生らっかせい、さつまいも3種を中心になんとか収穫できた野菜を揃えました。
千葉、東京では昨夜から再び記録的な雨が降り、ここ新宿でも午前中は行き交う人はまばらでしたが、午後すぎにようやく人の動きが出てきて、たくさんの方々が応援に来てくださり、おかげさまで用意した野菜はほぼ完売となりました。
74496441_2662570693812200_350853988624629760_n

ステージにもたくさんの仲間が残ってくださり、応援を送ってくれました。
わざわざお越しいただいたみなさま、気持ちを送っていただいたみなさまに、心より感謝申し上げます。

食の安全、農のあり方、地球環境の大切さ、そして子ども達の未来。
「食育」には、持続可能にするための待ったなしのテーマが凝縮されています。
僕たちの出店・出演は、ただマーケットに出る、ステージに出るというのではない、
これらへの思いを伝えてゆくものでなくてはと改めて強く思いました。

72653169_2662570610478875_4542680818992021504_n

今日も1日ありがとうございました(^O^)

無農薬自然栽培マイラブファーム
>>ご注文はこちらから
>>Facebookページ
>>Instagram


【出店・出演情報!】10月19日土曜日~第5回食育マルシェ&食育映画祭 新宿タカシマヤ

2019年10月18日 から マイLOVE♡マイLIFE | 0件のコメント

いつもありがとうございます。マイラブファームやも・さちです。
台風19号の被害の影響により野菜セットを構成する種類の野菜と収穫量の確保が困難な状況となり、
今週分出荷中止とさせていただいており大変ご迷惑をおかけしております。

10月19日(土)新宿タカシマヤタイムズスクエアで開催の第5回食育マルシェ&食育映画祭には予定どおり出店出演し、台風被害のためご用意できる限られたお野菜になりますが、販売をさせて頂きますので、ぜひお足をお運びください♪ マイケルやも&さち(from マイラブファーム)のステージ出演は18:30からです。

※このイベントは20日日曜も開催されます。
マイラブファームの出店出演は19日(土)のみになります。

72567295_2536222886649457_1349955212369985536_o (1)

●10月19日土曜 10:30-19:00  第5回食育マルシェ&食育映画祭
●新宿タカシマヤ タイムズスクエア 2階 JR口 特設会場
( JR「新宿駅」ミライナタワー改札出て右すぐ)

●18:30~マイケルやも&さち(from マイラブファーム)ステージ出演!

半農半マイケルのチャリティーダンス&パフォーマンス
https://www.facebook.com/events/537864173693510/
マイラブファームからマイケルやも&さちが登場!
台風15号の被害のあった千葉の農家へ応援パフォーマンスとして
チャリティーダンスを披露!
同じ千葉県の農家さんのために募金を呼びかけます。

———————-

【日時】2019年10月19日(土) 18:30~18:50

【会場】タカシマヤ タイムズスクエア 2階 JR口 特設会場
(新宿新南口ミライナタワー改札をでてすぐ)

【出演】マイケル・やも&さち(マイラブファーム)
———————-

※お預かりしたお金は、
食育マルシェや関連マーケットに出店され、かつ被害に合われた農家さんへのお見舞金や、
台風災害支援活動団体への活動資金としてお渡ししたいと思います。
よろしければ、ご協力いただけましたら幸いです。

 

●イベント詳細はこちら!
https://www.facebook.com/events/1791080344371512/?event_time_id=1791080347704845

72543524_2536222876649458_339713350264946688_o (1)

皆さまのご来場を心よりお待ちしております!


2019年8月31日庄野真代さんCom.Cafe音倉「831(野菜)の日」

2019年9月4日 から マイLOVE♡マイLIFE | 0件のコメント

8月31日(土)
歌手の庄野真代さんがお女将をされている
オーガニックレストランCom.Cafe音倉「831(野菜)の日」に
今年もマイケルやも&さち(from マイラブ
ファーム)として、
出演させていただきました。
70327466_2561446333924637_4259871537676419072_n

「芸達者なスタッフやゲストによるパフォーマンスも、ご期待ください。」
という野菜の日。
音倉のスタッフは、庄野真代さんの元に集まられただけの事あって、みなさん、惚れ惚れするプロ品質の歌や演奏を披露。そんな中、ゲストとして参加させていただき、目いっぱい盛り上げてくださり、本当に感謝としか言いようがありません。

69471291_2561457243923546_5712670704021798912_n

3回目の野菜の日、全出席ということで、真代さんファン(マヨラー)をはじめ音倉の常連さんにもすっかりお馴染みにさせていただき、マイラブファームのお客様や、マイケルファンの仲間も駆けつけてくれて感謝感謝です。

69971825_2561452813923989_8878370121559572480_n

みなさん、マイケル・ジャクソンの事はご存じでしょうか?それでは、マイケル・ジャクソンは、世界一、チャリティ活動を支援したスターだったことをご存じでしょうか?ギネス記録も持ってるんです。
僕は、そんなマイケルの精神を受け継ごうと、歌とダンスで、チャリティやエコなステージで活動しています。
庄野さん、音倉のスタッフのみなさん、いつもありがとうございます。音倉10周年、そしてオーガニックレストランとしてリニューアル2周年、誠におめでとうございます。
僕たちも、千葉県千葉市花見川区というところに、僕たちのネバーランド、マイラブファームを開園して、一昨日8月29日、マイケルのお誕生日の日におかげさまで無事2周年を迎えることができました。
まもなく、「実践者が語る 半農半Xのいまとこれから」という本が出版され、そこに僕たちも「半農半マイケル」として掲載いただく予定です。去年この音倉での野菜の日で庄野さんと一緒に写った写真も掲載されますので、ぜひご覧ください。
ところで、今日で夏休みも終わりですが、みなさん、近頃どうですか?隣の国々との関係も心配ですし、アマゾンの環境破壊も気がかりです。日本でも気候変動が続いていて、今は九州が災害に見舞われています。
今日は、マイケルの愛と平和のメッセージがつまったステージを、ここに集まったみなさんとご一緒したいと思います。

69554372_2561457237256880_1926467714734358528_n
僕らはみんな野菜が大好きだ。
僕らはみんな平和が大好きだ。
僕らはみんな真代さん大好き。
僕らはみんな真代さん大好き。
僕らはみんな音倉大好きだ。

69685051_2561457283923542_1469251738652377088_n
日本が大好き。平和が大好き。
地球が大好き。子どもが大好き。
韓国も友だち。中国も友だち。
地球はひとつ。みんなの地球。

69932344_2561461690589768_7886799607571677184_n

大地は先祖からの贈りものではありません。
大地は未来の子ども達からの預かりものです。
その大地から、すべての命はつながっています。
すべての命は循環しています。
みなさんもどうか、そんな命のつながりと循環を感じられる毎日をお過ごしください。
もし、どうしてもそれが感じられない場合は、
マイラブファームの野菜を買って食べてください(笑)
最後の曲になりました。
マイケル・ジャクソンが、子ども達のために、
地球を救おうと、作った曲です。
ヒール・ザ・ワールド。

ヒール・ザ・ワールド世界を素晴らしい場所に変えてゆこう。
そうさ平和な世界を作るんだ君と僕のため。
みんなのため。
(詞/松井美香)

今日も1日ありがとうございました(^O^)

無農薬自然栽培マイラブファーム
>>ご注文はこちらから
>>Facebookページ
>>Instagram


19/7/2 早稲田大学文化構想学部の講義に登壇させていただきました!

2019年7月6日 から マイLOVE♡マイLIFE | 0件のコメント

7月2日(火)くもり

母校・早稲田大学文化構想学部サステイナビリティ論の講義に、ケーススタディとして登壇させていただき、マイラブファームについて話させていただきました。

ここ数年は早稲田祭で毎年のように来るようになっていた早稲田大学。
文キャン(戸山キャンパス)は、少し見ないうちに、こんなに近代的になってしまった。
65771125_2459853724065220_6081171008163676160_n

高野孝子教授のサステナビリティ論は、

サステイナブルな社会とはどんなもので、そのために考えなくてはならないことを知り、個人でアクションを起こす、きっかけ作りをする

という内容の講義。

高野教授は、冒険家として、1995年にロシアからカナダまでの北極海を世界で初めて無動力(人力)の極点横断をしたという。現在はNPO法人ECOPLUSの代表理事として、新潟県魚沼で持続可能な自然農による米作りや、天国に近いミクロネシア・ヤップ島へのキャンプなどで持続可能な社会を考える環境活動を展開。

超・超・超リスペクト!
こんな講義、学生の時に受けたかった!
もっとも、僕が学生の時はサステイナブルとか持続可能性という言葉はほとんどなかった。
地球温暖化という現象は、小学生の時にTV番組「木曜スペシャル」とかで見た、ほとんどSFのような世界だった。

今回のお話は、「実践者が語る 半農半Xのいまとこれから」編著の吉度ちはるさんにご縁をいただいた上村優美子さんのお声かけで実現。上村さんは、大病をきっかけにヴィーガン(V’gan:単語としてはベジタリアンを短縮したもの)になり克服、心身の健康を自分でコントロールできるようになり、それを多くの人に伝えて行くことを生き方としている。上村さんは、ヴィーガンとは、ただの菜食主義ではない。自然と一体化しようとすること。その中で摂食も選び、オーガニック(=有機)といわれるものも、さらにその観点から選び生活してゆくことで、さまざまな病に対応することができるという。

上村さんのお話は、たくさんの学生の関心や共感を得ていた。

僕を「マイケルやも」としてプロデュースしてくれた振付師のCHINOさんも、常日、ヒップホップは文化。ダンスとかアートとかファッションとかの1つ1つのアクションでは語れない。それらをトータルして理解し、共感し、自分になじませ、選ぶ生き方それががヒップホップなんだ。
と語っていたことを思い出す。

さてお次は僕の出番。

プロフィール紹介で、
「早稲田大学社会科学部出身です。
母校の教壇に立てて一生の記念になりました。
あ、それと早稲田マイケル・ジャクソン研究会の創設にも関わらせていただきました。」
というと、「おおーっ」とざわめくリアクションがあり、
さすがM研、メジャーだな~(笑)
と、思わず嬉しくなりました。

66448751_2459853567398569_5587653225466560512_n

マイケル・ジャクソンに憧れ、
エンターティナーを目指すも事故で挫折し、
大学卒業後、大手金融系の会社に就職。
マイケルの死をきっかけに、
マイケル・ジャクソンとチャリティ、エコロジーを結びつける活動をはじめ、
行き着いたところが、自然と共存する農だった。
そして、
無農薬・自然栽培マイラブファームを開園した。

15人の実践者の1組に選んでいただき出版予定の「実践者が語る 半農半Xのいまとこれから」を紹介しながら、「半農半X」とは、「自給的な農」と「自分の天命」をかけあわせながら生活する、これからのライフスタイルです。と語る。

大学生が普通思い描く進路からの意外な展開。
それはまさに、いかにサステイナブルな生き方をするか、
という探求であった。

「ふつうの農業」と「マイラブファームの自然栽培」のちがいを話す。
またこの図を使う。いいかげんバージョンアップしよう(^^;

65914560_2459853774065215_3166625249278033920_n

ふつうの農業は、人間が食べるための農業。
マイラブファームの農業は、地球のすべての命をつなぐHeal The Worldな農業。

自然界にあるすべてのものには意味があり、
どんなものも、
「生態系を豊かにする」
という共通の目的に向かって何かしらの役割を果たしている。
すべての命はつながり、循環している。

いつしか、人類は、「生態系」を無視して、人間の為だけの循環システムの中で生きるようになった。
それが環境を破壊するだけでなく、人の生活や健康を脅かすようになってきている。
サステナビリティ(持続可能性)ということが言われるようになった背景も、ここにある。

Ecology=地球環境(生態系)
地球全体の為の循環システム

Economy=経済(金融経済)
人間の為だけの循環システム

つまり、

サステイナビリティ(持続可能性)とは、
Ecology=地球環境(生態系)の中で、
すべての命とつながり、ともに循環する。

ということと僕は考えていて、マイラブファームは、
今の社会に、それをもたらす営みをつくり、人々に届けようとしている。

のです。

もっと合理的で戦略的な農業をやって、
経営を楽にしたり規模拡大してゆけばいい。
という話もありますが、
なんでもいいから「農業」をやりたくて選んだのではない。
すべての命とつながり循環する
Heal The Worldな世界にしたいというのが目的であって、
これは「生き方」なんです。

最近、
ご家族にガンを発病されている方、
化学物質過敏症の方、いろんなアレルギーの方
ご家族に障害を持たれている方、
いろいろな方が、マイラブファームを探して、野菜を求めてくださるようになってきました。

それは、こういう思いのもと、やっているからなのだと思っていますし、
そういう時、やってよかったなと思います。

~~~

今時の学生に、果たしてどのくらい伝わったかなと思いながら、
自分たち自身を見つめ直すのにもとてもよい機会だったと思います。

高野先生、上村さん、このような貴重な機会をいただき本当にありがとうございました!

より無機質になったキャンパスの中に、樹齢何百年?もの大木が優しくたたずむ。
名残惜しく母校を去る。

今日も1日ありがとうございました(^O^)

無農薬自然栽培マイラブファーム
>>ご注文はこちらから
>>Facebookページ
>>Instagram


「実践者が語る 半農半Xのいまとこれから」出版記念パーティ ありがとうございました!

2019年6月30日 から マイLOVE♡マイLIFE | 0件のコメント

6月28日(金)くもり

朝方、上陸が懸念された台風は熱帯低気圧になって消滅。

発酵の町・神崎町にある寺田本家さん内カフェうふふにて、
「実践者が語る 半農半Xのいまとこれから」出版記念パーティが開催されました。

編著者のオーガニックジャーナリスト吉度ちはるさん、自然酒蔵元寺田本家24代目の寺田優さん、たまにはTSUKIでも眺めましょ/ダウンシフターズの髙坂勝さんとトークをさせていただきました。

62236418_2392177767535302_1818251581305389056_n
左から寺田優さん、高坂勝さん、マイケルやも、吉度ちはるさん
写真:寺子屋オーガニックカフェEDEN永野さま撮影

地球は美しい。

こんなに美しい地球に、僕たちは生まれてきたんです。
ということ。

こんなに美しくて、人間にとって、住みやすい星は、光の速さで何億年かかるようなところまで探しても、いまだに、まだほかに一つも見つかっていない。
こんな奇跡的なラッキーは、他にあるでしょうか?

技術の進化、産業の発展は、人の暮らしを便利にしました。たくさんの働き方を作りました。でもそれは、地球の環境を破壊し、生態系を崩壊させて進行しています。
人間自身も天変地異に見舞われ、自然界にないものや社会のストレスで、心身の健やかさが失われてきています。
こと日本では、少子高齢、格差社会ということが深刻になってきています。

半農半Xは、愛する人や家族との時間を大切にしながら、自然にふれ、未来に命をつなげてゆく、これからの生き方です。
こういう生き方、働き方が、日本を、地球をよりよく変えてゆくのだと思います。

冒頭の「半農半Xというライフスタイルについて思うこと」というお題について、
このように話させていただきました。

65716657_2452464901470769_6249976296776925184_n (1)

マイケル・ジャクソンが亡くなって、日本時間では一昨日の6月26日でまる10年が経ちました。この大きな節目で、この場所に来たことを、とても感慨深く思っています。

マイケル・ジャクソンのメッセージをたくさんの人に伝えたかったんです。
マイケル・ジャクソンの思いを受け継いで、よりよい世界にしてゆきたいと思っていたんです。

妻の佐智子と一緒に、マイケルのヒールザワールドな世界を作ろう、ということで、それが、マイラブファームになり、半農半マイケルという形になったんです。

そういった経緯を、この本には書いていただいています。

半農半Xの生みの親、塩見直紀さんとオーガニックスタイル・ジャーナリストの吉度ちはるさんが編著する書籍「実践者が語る 半農半Xのいまとこれから」には、
15人の半農半X実践者のストーリーと、お互いのライフスタイルの交換の対談と、半農半X現場の素晴らしい写真が、惜しみなく集積されて一つの本になっています。

この本の中の座談会トーク、そして今回再びご一緒させていただいた、

寺田本家の二十四代目宗主・寺田優さんは、毎日、宇宙から地中の微生物までを感じながら、自然酒を造っている人。2011年3月、東日本大震災発生直後にアースデイ東京が実施した宮城県石巻市へのボランティア・バスツアーでご一緒させていただいたこと、覚えてくださっていて驚きました。

高坂勝さんはサラリーマンから半農半バーテンダーに転身して、バー「たまにはTSUKIでも眺めましょ」を開業、「減速して生きる~ダウンシフターズ」を著し、自らの経験をもとに社会で行き詰まりかけたたくさんの人の生き方を変えてハッピーにしている。僕から見たら未来から来た人。

「半農半X」という言葉は、ノーベル平和賞に値する

という話に説得力があり印象的でした。

このお二人との2回にわたってのセッションは、半農半Xの入り口にある僕たちにとって、
大変刺激的でたくさんの気付きをいただきました。

トークの締めくくりにマイケル・パフォーマンス
65205116_2431661533564593_1960988187958444032_o

<セットリスト>
ビリー・ジーン
ブラック・オア・ホワイト
ヒール・ザ・ワールド

64824126_2452464951470764_5654874033494163456_n (1)

本の完成は7月予定になり、このパーティでは残念ながら完成品としてお披露目することはできませんでした。ご支援者を中心とした最終報告会という形になりました。それでも、平日の夕刻で台風観測もあった中にもかかわらず、たくさんの方々にお集まりいただきました。
クラウドファウンディングで予算達成までは届かず、やりくりが大変な中、吉度さんは、普通の本づくりにはない苦心をされながら奔走し、ようやく完成に近づいています。

塩見さん、吉度さん、素晴らしい写真を撮っていただいた伊藤さんに心よりお礼申し上げます。

「実践者が語る 半農半Xのいまとこれから」出版記念パーティは引き続き、
29日いすみ
https://www.facebook.com/events/246751759600455/
30日鴨川
https://www.facebook.com/events/1310799979058557/
で行われます。

 

今日も1日ありがとうございました(^O^)

無農薬自然栽培マイラブファーム
>>ご注文はこちらから
>>Facebookページ
>>Instagram