マイLOVE♡マイLIFE

マイラブファームのHeal The Worldな毎日〜マイラブ・マイライフ〜

20/11/28 そらまめ定植②。大豆収穫。

2020年11月29日 から マイLOVE♡マイLIFE | 0件のコメント

11月28日(土)はれ 気温9‐18度 北西の中風

今日は気持ちの良い小春日和ただし北西よりのやや巻いた木枯らしが強い。
ジェットコースターのような日替わりの寒暖の日が続く。

隣の公園も次第に紅葉が落ちて冬の装いになってゆく。
128146021_3706205739430006_4181110953036767895_n

毎週土曜日のベイFMのMotive!という番組で、「学校総選挙プロジェクト」というのを取り上げていた。10代、20代がネットで政治や社会の題材を共有し投票するというサイトで、まあ運営母体をみたら、Tポイント、ツタヤのCCC系列(大企業)なのだが、、
>>学校総選挙プロジェクト

そこからは若者の息苦しくなるような生の声が聞こえてきた。

選挙権が18歳に引き下げられたが、心の準備が出来てなくて、何に投票していいのだかわからない。
そういった中で支持政党を聞くと自民党への投票が64%と圧倒的なのだそう。
そのうえで80%以上が日本の将来は、私の将来は暗い。と思っている。
あきらめの保守、現状維持ということ。
大人に期待していないんだなということがわかる。

この番組で「学校総選挙プロジェクト」からは、プロジェクトリーダーの40代半ばの大人と、現役高校生が出演しているのだが、
プロジェクトリーダーが、若者の時は、「未来は明るい」と思っていた。
と言うのに対して、現役高校生が、かなりしっかりした方のようだが、
「え~っ?」と意外そうなリアクションをしていて、
「昔は明るかったんだなと思いました」と本当に驚いてコメントしている。

そのことに驚いてしまう。

子どもや若者が自己肯定感を持って、明るい将来を描けるようでないと。
子どもや若者自身が未来を変えて行けると思えるようにならないと。
ますます大変なことになると思う。

この模様はラジコのタイムフリーで1週間聴けますのでぜひ聴いてください。
このリンクの最初からこのコーナーがはじまります。
http://radiko.jp/#!/ts/BAYFM78/20201127110000

 

ということで、あ、さて~(小林完吾風)

今日は出荷などもあり半日ちょっとしか作業できないので遅れたものを集中して進める。

〇そらまめ②定植
第一農場のそらまめ畝、これで半分。
あと半分、畝づくりから行ってやっと終わり。
127180796_3706205506096696_72998729718445661_n

〇大豆収穫①
完熟して、豆がこぼれ落ちる株も出てきたのでなるはやで収穫。
128349411_3706205976096649_3081461567180004202_n
1列10mでコンテナー一杯分くらいになった。
とりあえず8列のうち2列分を収穫。
大豆は収穫体験や手前みそづくりワークショップなど開催したい。
127540763_3706205619430018_539100755209096989_n

キャベツ、大根を収穫してレンドルフ千葉本店さまに納品。
夕方近くの第三農園の様子。
126024501_3706205826096664_1909673945517506704_n (1)
今日も1日ありがとうございました(^O^)

無農薬自然栽培マイラブファーム
>>ご注文はこちらから
>>Facebookページ
>>Instagram
>>Twitter

マイラブファーム掲載
実践者が語る 半農半Xのいまとこれから
よ・も・ぎ書店より絶賛発売中!


20/11/11 木枯らし対策。新野菜畝づくり。玉ねぎ定植続き。

2020年11月12日 から マイLOVE♡マイLIFE | 0件のコメント

11月11日(水)はれ 気温8‐17度 北西の中風

朝夕は真冬の寒さに近づいてくる。
日中は小春日も少し強い風が吹く。
この辺りでは木枯らし1号と言っていいのではないかと思う。

新型コロナが第三波の様相を呈してきたと、各自治体や専門家が伝え出した。
ゴートゥキャンペーンが拍車をかけているという意見が多いがその通りだと思う。
経済を回そうとしたらまた拡大してくるのは諸外国が辿ってる同じ道。
そういう循環になってる。だから新しい生活様式を、なのであって、
今までのパラダイムでは、このコロナ禍は乗り切れないと、僕は思う。
大きく、大きく、大きく考え方を変えないと。

女川原発再稼働地元同意。
福島であのようなことが起きていて、今も不安な思いを続けていて、地元民が同意しているとは思えないのだけど。
国はそのうちCO2削減のために原発を推進すると言い出すでしょう。

大豆が黄色く枯れてきた。
124847899_3657208287663085_2753651785900809285_n
枯れゆく姿ではあるが紅葉のようで美しい。
マルコポーロの東方見聞録にある「黄金の国ジパング」とは、
実は稔った稲穂のことであったという話(都市伝説?)を聞いたことがある。
それがこの国の財(たから)に見えたというのは、間違いないと思う。

124578839_3657209444329636_2465006915267098907_n

今日も寒いうちは鍬仕事をして、日中は定植などを行おうと思っていたが、木枯らし対策をはじめる。

〇新野菜畝づくり
春に続き冬もビーツ、コールラビ、チコリーなどの新野菜畝にすることにした。
春は3畝だったのを、4畝に。
朝はマルチはがしと草刈り。
124570421_3657208590996388_2462626034466727583_n
夕方は粗起こしと畝立てを行う。
暗くて何も見えませんけど(^^;
124330016_3657209077663006_8571702021821567_n

〇玉ねぎ畝防風ネット設置
木枯らしが吹き始めたので、防風対策を始める。
昨季は木枯らしを甘く見ていた。
玉ねぎと春キャベツ、活着と初期成長がうまく行ったので、
収穫まで高をくくってトンネルもせずに春を待ったが、
波状の木枯らしに耐え切れず、収穫量が乏しくなってしまった。
「木枯らし」の意味を噛みしめる。

トンネルパイプまで刺したが、寒冷紗をかけるのに時間がかかるので、
取り急ぎ防風ネットを敷設。
これでまずは直接の吹きっさらしから守る。
124172852_3657208390996408_2784739615101646181_n

〇玉ねぎ定植続き
昨日からの赤玉ねぎ定植、やり残した部分を行う。
もう日が傾いてきている。早い(^^;
124722298_3657208687663045_3995010965234833398_n

〇育苗播種
・固定種パクチー
・固定種ねぎ「下仁田」
124179549_3657209177662996_6221701198509130353_n

今日も1日ありがとうございました(^O^)

無農薬自然栽培マイラブファーム
>>ご注文はこちらから
>>Facebookページ
>>Instagram
>>Twitter

マイラブファーム掲載
実践者が語る 半農半Xのいまとこれから
よ・も・ぎ書店より絶賛発売中!


20/07/28 かぼちゃ収穫。トマト防鳥網敷設。

2020年7月29日 から マイLOVE♡マイLIFE | 0件のコメント

7月28日(火)くもりのち雨 気温25‐31度(9時の気温28度湿度83%) 西の中風

朝のうちは日差しも入るくもり空。西よりの風が少し強い。
夕方から小雨が降り出し、本降りになる。
明日以降も、くもり予報から雨マークがつきはじめる。

アベノマスク8千万枚追加配布の由。
絶句。

ミニトマトにショウリョウバッタが止まる。
115969096_3337602499623667_3194100487893742187_n

〇かぼちゃ収穫
秋まで貯蔵して使おうと多収を目指したが、収量が少ない。
しっかり着果していなかったか。
多雨のせいで、未熟果のまま朽ちたものも多い。
あと最大で3倍くらい作付けようとしていたが、
適期に畝を用意することが出来なかったのも大きい。
これから着果を目指す畝もあるが、多く育つかはわからない。
115825419_3337602169623700_3823500706663159451_n

〇トマト防鳥柵、網かけ
トマトが色づいてくると、カラスに喰われる。
今まで想定していなかったが、今年は全てこれで落とされてしまう。
115981915_3327582247292359_77258108133226427_n
ということで、カラスには申し訳ないが、ネットを張ることに。
これで半日がかり(^^;
網がトマト枝にのしかかってきてしまうので、
このあと網を引き上げて完成予定。
115879863_3337602272957023_5627741536317029714_n
長梅雨の影響で、相当弱っているが、
果たして、これでトマトは稔ってくれるだろうか?

〇除草
第二農場の隣との間を除草
109810666_3337602376290346_5539586563516240219_n

メイン農場も除草
115758768_3337602646290319_5771484336644812942_n

〇大豆不織布かけ
最後は昨日播種した大豆畝に不織布ベタ掛け。
110347989_3337602429623674_5719700926739806304_n

今日も1日ありがとうございました(^O^)

無農薬自然栽培マイラブファーム
>>ご注文はこちらから
>>Facebookページ
>>Instagram
>>Twitter

マイラブファーム掲載
実践者が語る 半農半Xのいまとこれから
よ・も・ぎ書店より絶賛発売中!


17/9/16 嵐の前に種を播き切る!にんにく定植、ごぼうなど播種

2017年9月17日 から マイLOVE♡マイLIFE | 0件のコメント

9月16日(土)
7時 くもり 気温21.4度 湿度62% 南の小風

大豆が発芽。
0916-6

じゃがいもも土を割って出てこようとしているところ。
0916-0
今日も宇宙の奇跡に触れる。

台風が近づく。今日の午後には雨予報。
どこまで出来るか。出来るところまでやる。

○にんにく定植
・ホワイト六片
・山東にんにく
0916-1
種にんにくをばらして、
穴に1かけらづつ、深め(5~6㎝)に植える。
種にんにくは高価の割に、収穫は4~5倍程度にしかならないので、
しっかりと育てないとならない。

○ごぼう播種
固定種「滝野川大長牛蒡」
0916-2
高畝4畝を仕立てて、一列づつ直播き。

○直播き
・かぶ「早生今市蕪」×にら「大葉ニラ」
・だいこん「紀州大根」×リーフレタス「サラダミックス」
0916-3
・ビーツ「デトロイト・ダークレッド」×ルッコラ「ルッコラ」
・リーフレタス「サラダミックス」×ラディッシュ「コメット」
0916-4
・小松菜×春菊
・法蓮草×春菊

結局、夕方遅くになっても雨は降らず、予定した播種はすべて完了。
播種機で蒔くとあっという間に終わる。
0916-5

台風に備えて、道具や資材が飛んでゆかないようにまとめ、
苗場のトンネルを強力に拘束する。
「飛んでゆきませんように」
祈るばかり。

不安とともに畑を後にする。
0916-7

今日も1日ありがとうございました(^o^)/

 


17/9/13 カリフラワー、レタス、かぶ、大根、多菜、水菜が発芽。

2017年9月14日 から マイLOVE♡マイLIFE | 0件のコメント

9月13日(水)
9時 はれ 気温28.2度 湿度67% 北の中風

昨日は久しぶりにまとまった雨が降る。
今日は一転、厳しい残暑に。

えだまめも、だいぶ身がついてきた。
0913-8

「1年に1回しかないタイミングを逃さないように」
雨の前に種を播く。
タイミングを逸した前回の反省を活かし、
今回はタイミングよく種が蒔けた。
その甲斐あって、早くも発芽が始まる。

苗はカリフラワー、レタス2種が発芽。
たまねぎはまだ。
0913-1

直播きはかぶ、大根、ターツァイ、水菜が発芽。
にんじん、春菊はまだ。
0913-2
大根の芽ばえ。いつ見ても感動の光景(T_T)
0913-4
播種機は動いていたことがわかったが、
どの列も後ろになるほど発芽が細くなってゆく。
ホッパーの中の種の量が少なくなると、
圧が弱くなり、種の押し出し力が弱まってゆく模様(^o^;
ターツァイはこんな感じ。
1列しか発芽してない(^o^;
0913-3

大豆も発芽。
0913-5
地面を割って出てくる姿は、「奇跡」としか言いようがない。

○畝割りマーク立て
引き続きポールで目印をつける。
ほ場全体に大まかな畝ブロック割りのマークを立て終わる。

○ユンボ作業仕上げ
クズの塊を端に寄せる。
再び生えてきたクズをユンボで抜く。
奥まった部分の除草を行う。
入り口をもう一段整理する。
細かくやってゆくと切りがない。
返却が名残惜しい。
0913-6

○水やり
最後に苗とほ場に水やり。

○収穫
今日の収穫
まだ家庭菜園の域だが、きゅうりが毎日20本くらい取れるようになる。
0913-7

今日も1日ありがとうございました(^o^)/


17/9/11 全米同時多発テロ事件から16年。大豆を播種、収穫したいんげんをいただく。

2017年9月12日 から マイLOVE♡マイLIFE | 0件のコメント

9月11日(月)
9時 はれ 気温27.4度 湿度66% 南の中風

駄目な映画を盛り上げる為に簡単に命が捨てられていく
違う僕らが見ていたいのは希望に満ちた光だ
(Mr.Children-”HERO”)

全米同時多発テロ事件から16年。
犠牲になられた方々の冥福を祈ります。
二度とこのような事が起こりませんように。

昨日ほどではないが、厳しい残暑。
隣の公園の池には、マッカジンがたくさん(^o^)
0911-1

○大豆播種(直播き)
とうに時期を過ぎているが、緑肥として活躍してもらおうと思い、
じゃがいも畝の直上に播種。
0911-2

○潅水
苗に潅水。まだ一回の水くみで足りる。
0911-3

○入り口、ハウス設置場所の平地化

収穫したいんげんを炒めて食べる。
ガッシリとした歯ごたえで、雑味がなくておいしい。
0911-4

今日も1日ありがとうございました(^o^)/