マイLOVE♡マイLIFE

マイラブファームのHeal The Worldな毎日〜マイラブ・マイライフ〜

17/11/7 スナップえんどう追い蒔き。葉物にポリトンネル被覆。

2017年11月7日 から マイLOVE♡マイLIFE | 0件のコメント

11月7日(火)
8時 はれ 気温14.7度 湿度60% 北の小風

気持ちのよい秋晴れ。
じゃがいもアンデスレッドが花を咲かせはじめる。
1107-1

○播種
ラブファーマーズフェスティバルでお会いした種やさん
>>光郷城 畑懐(こうごうせい はふう)さん
から頂いた
固定種「フルーツスナップえんどう」を播種。
残っていた固定種「スナックえんどう」と一緒に播き切る。
1107-3

光郷城 畑懐さんは本拠を静岡県浜松市から千葉市花見川区に移転、
近く八千代市で育苗を本格的に開始する。
超ご近所に頼もしいつながりが出来て、とてもありがたい限り。

○ポリトンネル被覆
キャベツ、ブロッコリー、紫キャベツ、チコリー畝にポリトンネルを施す。
だいぶデビューが遅くなってしまったが、しっかりと育ってほしい。
1107-2

守護神も来た^_^
1107-4

今日も1日ありがとうございました(^o^)/


17/9/16 嵐の前に種を播き切る!にんにく定植、ごぼうなど播種

2017年9月17日 から マイLOVE♡マイLIFE | 0件のコメント

9月16日(土)
7時 くもり 気温21.4度 湿度62% 南の小風

大豆が発芽。
0916-6

じゃがいもも土を割って出てこようとしているところ。
0916-0
今日も宇宙の奇跡に触れる。

台風が近づく。今日の午後には雨予報。
どこまで出来るか。出来るところまでやる。

○にんにく定植
・ホワイト六片
・山東にんにく
0916-1
種にんにくをばらして、
穴に1かけらづつ、深め(5~6㎝)に植える。
種にんにくは高価の割に、収穫は4~5倍程度にしかならないので、
しっかりと育てないとならない。

○ごぼう播種
固定種「滝野川大長牛蒡」
0916-2
高畝4畝を仕立てて、一列づつ直播き。

○直播き
・かぶ「早生今市蕪」×にら「大葉ニラ」
・だいこん「紀州大根」×リーフレタス「サラダミックス」
0916-3
・ビーツ「デトロイト・ダークレッド」×ルッコラ「ルッコラ」
・リーフレタス「サラダミックス」×ラディッシュ「コメット」
0916-4
・小松菜×春菊
・法蓮草×春菊

結局、夕方遅くになっても雨は降らず、予定した播種はすべて完了。
播種機で蒔くとあっという間に終わる。
0916-5

台風に備えて、道具や資材が飛んでゆかないようにまとめ、
苗場のトンネルを強力に拘束する。
「飛んでゆきませんように」
祈るばかり。

不安とともに畑を後にする。
0916-7

今日も1日ありがとうございました(^o^)/

 


17/9/9 じゃがいも定植。カリフラワー、レタス、カボロネロ播種。マイラブファーム、本格的にスタート。

2017年9月10日 から マイLOVE♡マイLIFE | 0件のコメント

9月9日(土)
9時 はれ 気温25.6度 湿度50% ほぼ無風

ようやく気持ちのいい秋晴れ。
今日から、本格的に開園。秋作づくりが始まる。
0909-1

○耕うん
まずは、ひたすら耕うん。
0909-2
ほ場のおよそ4分の1を3回かけて、ようやく平らになってくる。
耕うんと畝立てしている間に、さちは苗播種と隣の畑との境木の剪定。

○播種
0909-3
・固定種カリフラワー「野崎早生」
・固定種レタス「早生サリナス」
・固定種レタス「レッドファイヤー」
・固定種黒キャベツ「カーボロネロ」
・固定種ブロッコリー「ドシコ」(発芽率低いため追い蒔き)

○境木の剪定
0909-4
隣の畑との境界線を示す「境木」
1つの木の自分側半分をそれぞれの農家が面倒を見る。
こちら側が長年剪定されていなかった為、
まるでデビルマンの「あしゅら男爵」のように、
半分づつ違う木のようになっていた(^o^;

○じゃがいも定植
耕うんが終わり、30m×2畝を幅40㎝の高畝で仕立てる。
0909-5
アンデスレッドから定植、全部植え切らないうちに、畝がいっぱい。
急いでもう2畝作る。マメができて手の皮がむけた。(^o^;
結局、アンデスレッド80m、出島40m分になった。
0909-6

終わった時にはあたりは真っ暗。
猫におやつをあげて、家に帰る。
0909-8

今日も1日ありがとうございました(^o^)/


17/6/18 1年目の日。突然の卒業式『これからは、全部自分で判断すること』

2017年6月19日 から マイLOVE♡マイLIFE | 0件のコメント

2017年6月18日(日)
朝9時 くもりのちあめ 21.4度 南の小風

今日はしげファームで修行をスタートしてからまる1年の日。
見慣れたこの風景も、四季を巡った。
0618-1
先日、休耕農地の貸し出しの合意をいただいた。
農地の視察には、わざわざしげさんにもご同行いただき、この場所はいけそうだと、力強いご意見をいただいた。
今月中には千葉市の農業関係者にお集まりいただき就農の面談を行う就農準備会の日程も決まった。

○じゃがいも収穫
0618-2
ねっとりと口ざわりよくとろけるレッドムーン。
晴れた日、乾燥した日がとりどき。

○刈払機の操作
0618-3

農地が決まったら、一刻も早く草をきれいにして、地主さまと近隣の農家さまを安心させるようにと。
刈払機の操作を指導いただいた。
リズムが大事。腰を使って右から左に刈る。
上を刈って、何回も同じところを往復するよりは、少しくらい土を削ってもしっかり草の根元を捉えるように。
0618-4
なかなかうまく刈れない^^;

刈払機が終わると、雨が降ってきたため、午後の研修はお休みに。

と、、しげさんからお話が。

『唐突だけど、農地も決まったことだし、今日で研修は卒業です。』
「1日でも早く、地主さんの気持ちに応えられるよう、まずは農地を整備してください。
もう来るなということではなく、いつでも来てくれて結構です。
ただ、一旦区切りにして、これからは自分の就農のため、できることを少しでも先に進めてください。
もう、教えることはありません。
農家としての営みを全てお見せ出来た訳ではありませんが、
今までやもさんが見て来た、何気ない一つ一つのことに全ては詰まっています。

人に頼って、自分で判断しないようでは、いつまでたっても一人前にはなれません。

やもさんに必要なのは、自分事として、自分で判断することです。
そして、農業は段取りが大事です。
今やっていることは、将来の何のためにやっているのか、必ず意味があります。
他の人がやっていることを察し、自分が今何ができて、何を必要とされているか、
これからはやもさんがさちさんに教える番になりますし、
さちさんも一人の人なのですから、協力してやらなければ成り立ちません。
これからの活躍を楽しみにしてます。頑張ってください。」

まる1年を迎えた今日が、まさか卒業の日になるとは。。

今までの思いがこみ上げる。
まだまだ、できていない事ばかり。
だけど、しげさんの決定は、とても的確だと思った。

”This Is It”

まさに、この時なのだと。

1618-5
(去年の10月にイベント用にしげさん、みかさんと一緒に撮った写真)

しげさん、みかさんの今まで伝授してくださったこと全てに心から感謝。
そして、今まで気持ちをつないでくれた全ての人たちに心から感謝。
僕たちは、一歩前に進んでゆきます。

1年間、本当にありがとうございましたm(_ _)m

引き続き、しげファームをよろしくお願いします(^o^)/

しげファームの無農薬お野菜、注文はこちらから!
>>野菜宅配・しげファームのビオマルシェ

この日記は千葉の有機農家・しげファームさんでの修行記録です。
>>しげファームHP

>>ブログ「しげファームの作業日誌」


17/6/2 『ハチがいない』ズッキーニの収穫など

2017年6月3日 から マイLOVE♡マイLIFE | 0件のコメント

2017年6月2日(金)
朝9時 はれ 28.3度 西の中風

6月に入った。ナスの身も大きくなる。
0602-1

『今年はハチをほとんど見ない。』
しげさんが言う。
毎年少なくなってきているが、今年は極端に少ないそう。
農薬散布による生態系の崩壊が気がかり。
ズッキーニ、とうもろこし、かぼちゃ、スイカなど、朝の早いうちに、ハチのお仕事以外にも、人の手で受粉させているが、今年はこの作業にかける時間が多くなりそう。

○ズッキーニ収穫
花が咲いてから3〜4日後が収穫どき。
花がとれたら生長が終わる。小さくても収穫する。

○じゃがいもの除草
0602-2
きぬさや→そらまめ→スナップえんどうと、豆が一巡したら芋の出番。
じゃがいもは、品種をローテーションして、出荷期間とバリュエーションを稼ぐ。

○さつまいも水やり
0602-3

午後 14時 28.6度

○出荷のための包装
そらまめ、キャベツ、コールラビ、カリフラワー、ブロッコリー、ズッキーニ、スナップえんどう、きぬさや、レタス、だいこん、にんじん、ピッコロにんじん、赤かぶ、玉ねぎを包装

○生育ウォッチ
かぼちゃも大きくなってきた(が、まだまだだそう)
0602-4

 

今日も1日ありがとうございました(^o^)/

しげファームの無農薬お野菜、注文はこちらから!
>>野菜宅配・しげファームのビオマルシェ

この日記は千葉の有機農家・しげファームさんでの修行記録です。
>>しげファームHP

>>ブログ「しげファームの作業日誌」

 


17/5/7 パプリカの定植など『じゃがいもは熟成されるほどおいしい』

2017年5月8日 から マイLOVE♡マイLIFE | 0件のコメント

2017年5月7日(日)
朝9時 くもり 20.4度 南からの小風

ゴールデンワーク終了。
いや、当面収穫に出荷にしげファームは大忙し。
果樹の収穫も控えています。
ブルーベリーも出番を待つ。
0507-1

くもりの日は、雨が降らなくても土に水分が入るので助かる。
作物が根を張ってゆくのに大切なこと。
明日明後日は雨予報。ちょうど欲しいところ。
しげさんは話す。

○パプリカの定植
0507-2
ハウス2に作った畝にパプリカを定植。
赤・オレンジのパプリカを育てる。
パプリカはピーマンより生育期間が長い。
その間病気や虫から守るのに神経を使うそう。
そのため、春作としては唯一、ハウス内で収穫まで育てる。

○スイートコーンのポリをかたづけ
0507-3
もう、こんなに大きく育ってきた。感動。
まだ風に煽られるのが心配だが、ポリの天井に頭がついてストレスになるので、これからはのびのびと育ってもらう。

○白瓜の定植
0507-4
スイカ畝の後ろに定植。
ねぎをコンパニオンプランツとして一緒に植える。

午後14時 24.4度

○ねぎの定植
0507-7
残り3畝に定植して7畝のねぎ畝が完了。
ねぎは毎回セットに入っててもよい、基本アイテム。
だそう。さすがに畝割りも大きい。

○きゅうりのはち上げ

○じゃがいもの土よせ
0507-5
じゃがいもは、生育期間が長いほど、熟成されておいしくなる。
その間いかに病気や虫にやられないようにするか。
また、一気に収穫すると保存中に腐ったものが蔓延する。
(金八先生の腐ったみかんの話を思い出す)
しげファームでは少しづつ収穫してそのリスクを避けている。
葉が枯れてきたら、収穫のサイン。
実に養分を集中させる。
0507-6
今は花を咲かせはじめたところ。
今年はどんな味になるのだろうか。
しっかりと手をかけて育てたら、あとは、
おてんとうさまだけが知っている?

今日も1日ありがとうございました(^o^)/

 

この日記は千葉の有機農家・しげファームさんでの修行記録です。
>>しげファームHP

>>ブログ「しげファームの作業日誌」


17/5/5 立夏・こどもの日、育苗ハウスを集約

2017年5月7日 から マイLOVE♡マイLIFE | 0件のコメント

2017年5月5日(金)
朝9時 はれ 21.8度 西からの小風

立夏・こどもの日。
二十四節季の「立夏」は暦の上での夏の始まり。
麦も穂を出し大きくなる。
0505-1

○ねぎ3種の定植
畝間の95cmとって2畝目以降定植してゆく。
密植しすぎると1本が細くなり、家庭では使いにくくなる。
3畝目から3種類目を投入、4畝までで終了。
0505-4

午後

○ハウス2の苗場かたづけ、畝づくり
0505-3
苗をハウス1に集約し、ハウス2をパプリカ畝にする。

○じゃがいもの土よせ
0505-2
まだ生育状況が一定でなく、小さい株は管理機だと土に埋没してしまうため、くわで土寄せ。

今日も1日ありがとうございました(^o^)/

 

この日記は千葉の有機農家・しげファームさんでの修行記録です。
>>しげファームHP

>>ブログ「しげファームの作業日誌」


17/4/19 『人は自然には逆らえない』強風の中、初期の施肥がほぼ終了

2017年4月19日 から マイLOVE♡マイLIFE | 0件のコメント

2017年4月19日(水)
朝9時 はれ 25.6度 東からの強風

キウイの蕾も大きくなってきた。
0419-0
『人は自然には逆らえない。勝とうとするのが間違い』
今日は砂埃が舞う強風。

○トマト畝のマルチ張り
0419-1

『人間の感覚はあてにならない』
しっかりと測って紐で畝幅を作る。耕運の跡線との錯覚。

強風で紐が煽られる為、途中で棒を立てて曲がりを防ぐ。
0419-2

○ハーブ畝の施肥
0419-6
鶏糞、苦土、りん酸カルシウム、貝化石を投入。
ハーブは欧州のものが多く、施肥のアルカリ度を高めにする。

どうしても作物が育たない『嫌地(いやち)』という所がある。
斜面に多い。痩せている土地には大豆を作るのがよい。

ハーブは欧州のものが多く、施肥のアルカリ度を高めにする。

○スイカ、瓜、メロン畝の施肥
0419-7
鶏糞を軽く投入、貝化石を投入。
瓜を好んで買う家庭は少ないが、浅漬けにするとおいしくて重宝するので、
セットに入れて食べ方を提案する。

午後14時 24.2度

春作の施肥もあともう少しで終了。
これからは除草が大変になってくる。

○さつまいも畝の施肥
0419-8
堆肥薄く、微生物菌を施肥

○青じそ(大葉)、赤じそ、バジルの播種
赤じそはリクエスト多い。
青じそ、赤じそは交雑しないようにある程度離さないと変な色のしそが出来る。
バジルは播種に失敗したため再トライ。

○じゃがいもの除草
0419-10
メヒシバ、アカザが雑草の中でも手強い。
早出しの場合、マルチがけで育てた方が生育早い。
しげさんは、北海道出身として、じゃがいもは生育期間が長い方がおいしいという。

今日も1日ありがとうございました(^o^)/

>>半農半マイケル・マイケルやも

この日記は千葉の有機農家・しげファームさんでの修行記録です。
>>しげファームHP

>>ブログ「しげファームの作業日誌」

 


17/4/16 『人が上着を脱ぐ頃に』ポリトンネルを外す

2017年4月19日 から マイLOVE♡マイLIFE | 0件のコメント

2017年4月16日(土)
朝9時 はれ 21.8度 西からの小風

初夏のような日差し。
きぬさやが花を咲かせる。
0416-0
昨日は強風の中、砂嵐の様相を呈す合間にトンネルなおしなどを行ったそう。
レタスは覆土が風で飛ばされ、定植したばかりの株が痛むため不織布をベタ掛けに。

○大根、かぶ、にんじん、ミニレタスのポリトンネル撤去
0416-5
十分な気温の上昇を見届け、ポリトンネルを外す。
直射日光と感動のご対面。
『人が上着を脱ぐのと同じ頃に』がタイミングとのこと。
0416-6

○きゅうりの苗の再鉢上げ(移植)
0416-2
さらに大きなポット(12号)に移植。

午後は最高28度まで気温が上昇。

昼の休憩の間に農地を見てくる。
農地取得当初のお話をしげさん、みかさんから聞く。
1年目は緑肥をまいたそう。
えん麦、クローバー、大和芋、クロタラリアをまくとよい。

○じゃがいもの除草
0416-7
三角ホーで初期除草と土寄せ。
じゃがいもの実の大きさや数は、上に生えている株の大きさに比例する。
小さいものもレストランでは重宝される。
うまく収穫できたものは小さくても捨てるものがない。
ハリガネムシ、コガネムシにかじられるので注意。

○きゅうり2作目の畝の施肥
0416-8
きゅうりは春作は3回作る。
5月中旬に1作目定植、そこから2〜3週間ずらす。
鶏糞、苦土、リン酸カルシウムを施肥。

○いんげん、しょうが、とうがん畝の施肥
0416-9
畝幅はいんげん、しょうが100cm、とうがん120cm
鶏糞、苦土、リン酸カルシウム、貝化石を施肥。

○ねぎ畝の施肥
0416-10
草木堆肥、微生物菌を施肥
ねぎ、たまねぎは苗を大きくしすぎると花を咲かせてしまうので注意。
追肥のタイミングが遅れると食味に影響する。
雑草に覆われて日陰になるとすぐ消えてしまうのでこまめな除草が不可欠。

○大根のまびき
0416-11
生育確認のため数10株を間引き
もう少し大きくなってから、出荷を兼ねた間引きを行う。

今春作初めての味見としていただきました\(^o^)/
ありがとうございます!
0416-13

おかんがかぶでお味噌汁を作りました。
0416-14
めっちゃ美味しかった(*^◯^*)
ごちそうさまでした!

今日も1日ありがとうございました(^o^)/

 

>>半農半マイケル・マイケルやも

この日記は千葉の有機農家・しげファームさんでの修行記録です。
>>しげファームHP

>>ブログ「しげファームの作業日誌」


17/4/12 いんげんのネット張り

2017年4月13日 から マイLOVE♡マイLIFE | 0件のコメント

2017年4月12日(水)
昼14時 はれ 24.6度 北からの小風

午前中農業委員会に行く。
晴天の北風は放射冷却で翌朝が遅霜になる可能性がある為、今日は防寒対策を行う。
そらまめの花が咲いている。
0412−8

○じゃがいもの防寒対策
0412-1
2畝まとめてダンポールでトンネルを作り不織布をかぶせる。

○レタス畝のマルチがけ
1412-2
畝数を確保するため、畝間を40cmに狭める。狭い^^;
株間は25cm、1畝4ベットで密植。
あおむし、マモグリバエに注意。

○きぬさやのネットがけ
0412-3
ネットの張り方が難しい。
0412-5完成。

今日も1日ありがとうございました(^o^)/

>>半農半マイケル・マイケルやも

この日記は千葉の有機農家・しげファームさんでの修行記録です。
>>しげファームHP

>>ブログ「しげファームの作業日誌」