マイLOVE♡マイLIFE

マイラブファームのHeal The Worldな毎日〜マイラブ・マイライフ〜

17/11/5 そらまめ、ブロッコリー、キャベツ、チコリー定植。涙の畑デビュー。

2017年11月6日 から マイLOVE♡マイLIFE | 0件のコメント

11月5日(日)
8時 はれ 気温14.0度 湿度45% 北の小風

昨日は早稲田祭に出演。
2013年から出演し、「早稲田マイケル・ジャクソン研究会」という学生サークルに結実、今はゲストOBとして出演の機会をいただいている。
若いマイケルがいっぱい。
この日の模様は、「めざましテレビ」にも名物サークルとして紹介された(@o@ !!
1105-1

○定植
今日は、あっという間に育ったそらまめと、開墾直後のポリトンネルから育ててきた苗をどんどん畑デビューさせてゆく。

いい天気なので、昼は夢にまで見た、畑でお弁当(^o^)
1105-5

そらまめ定植
初めて、東西畝に定植。
1105-2
・固定種「河内一寸蚕豆」
・固定種「ファーベポポロ」
・交配種「千倉一寸蚕豆」
千葉在来種から交配した「千倉一寸」も、
悩んだ結果、育ててみることにした。
1105-3

結球もの苗を定植
開墾後、ポリトンネルの苗場から始め、
途中虫食いなどの生育不良を乗り越え、
やっとのことでここまでたどり着いた。
収穫は年越しになりそう。
時間がかかってしまったが、
送り出す時は感動でした(T_T)

・固定種ブロッコリー「ドシコ」
・固定種キャベツ「中生成功甘藍」
・固定種紫キャベツ「レッドエーカー」
・固定種チコリー「ヴェネチア」
1105-4

○ポリトンネル被覆
日が沈む前に、ポリトンネルをかぶせる。
チコリーの途中で長さが足りず途切れる。
マイカ線で止めるまでに日が暮れて仮止めのまま終了。

今日も1日ありがとうございました(^o^)/


17/10/31 初のお野菜セット宅配(!)。たまねぎを定植。

2017年10月31日 から マイLOVE♡マイLIFE | 0件のコメント

10月31日(火)
6時 はれ 気温10.7度 湿度77% 北東の小風

ラブファーマーズ・フェスティバル終了から2日目の朝。
風はまだ少し強い。前日は東京方面での仕事のため休み。
今日からまた新しい冒険の日々が始まる。

そらまめが大きく育つ。
1031-1

ラブファーマーズ・フェスティバルで販売したと同じ作物を詰めた、
お野菜セットを両親に送る。
1031-3
初のお野菜セット宅配(!)
包装や同梱もきちんとして送る。
1031-2

○たまねぎ定植
1つのセルが小さい122穴セルトレイで育苗したたまねぎを定植。
まだ葉は細くて小さいが根が回ってきたため定植。
同時期に播種した半分だけ定植し、半分は苗のまま育つのを待つことにした。
1031-4

終わった頃には辺りは真っ暗。

今日も1日ありがとうございました(^o^)/


17/10/15 そらまめ3種を播種。ブロッコリー、白菜を選抜。

2017年10月15日 から マイLOVE♡マイLIFE | 0件のコメント

10月15日(日)
7時 あめ 気温15.5度 湿度43% 北西の小風

小かぶが形になってきた。
1015-5

昨日は43回目のマイケルふれあいステージ。
2年前に強制避難指示が解除された楢葉町民への仮設住宅による住宅保障が来年3月で打ち切りとなるため、仮設住宅への訪問はあと1回を残すのみとなった。
当日はいろいろな思いがこみあげる。

来場いただいたみなさまにラディッシュをプレゼント、
「ちょっと辛すぎるかも(^o^;」
と、自信なげに配る。
終わった後、来場してくださった一人がすぐに家に戻って、
きゅうりと一緒に塩もみして持ってきてくれた。
「辛すぎねえよ~ちょうどいいっぺ」
思わず涙(T_T)
1015-2

当面は秋雨前線が停滞、今週いっぱい雨の模様。
今日もハウス内で出来ることを進める。

○播種
そらまめ3種をポットに播種。
1015-1
・固定種「河内一寸」
・固定種「ファーベポポロ」
・交配種「千倉一寸」
千倉一寸は、千葉の在来種「千倉一寸」を交配したもの。
残念ながら在来種が手に入らず、ここは交配種のものを育てることに。

そらまめの種は高価。
失敗しないように、植え方をよく確認して植える。
文章だけだと意味がよくわからないが、いろんなサイトを参考にする。
-おはぐろを地中に入れ、
-側面のくぼんだ方を上にして、
-おはぐろの反対を3分の1くらい地上に出して、
-ななめに植える。

こんな感じだろうか?

○選抜(間引き)
追い蒔き分のブロッコリー、白菜苗を選抜。
1本立ちにする。
1015-4

追い蒔き分のたまねぎが発芽。
1015-3

かぶと水菜の卵雑炊。
格別においしくて温まった(^o^)
1015-6

今日も1日ありがとうございました(^o^)/


17/5/31 『どんなにうまくやっても、出来ない時は出来ない』さつまいも定植など

2017年6月1日 から マイLOVE♡マイLIFE | 0件のコメント

2017年5月31日(水)
朝9時 はれ 26.8度 南の中風

『人間にはわからない、野菜が感じている環境がある。
いつもどおりやっても、どんなにうまくやっても、
出来ない時は出来ない。』
しげさんは言った。

○そらまめ収穫
0531-12

見極め方
・さやが黒くなっている
・つやが出てきている
・株の下から上に向かって

○玉ねぎ、にんにく干し場つくり
0531-1
遮光度50%の遮光ネットを使う。
葉物用は35%を使っている。

○とうもろこしの穂カット
0531-2
アワノメイガ対策に今年からはじめる大胆な方法。
アワノメイガは穂から入り、葉に降りてくる。
毎年多大な被害を被っているため、今年は穂を落とすという決断なのだそう。
0531-3
とうもろこしは1つの株に2つ生える。
下に生えたものは早めに収穫してヤングコーンとして出荷。
実に毛が生え始めたら受粉する。

○しょうが穴あけ
0531-4
しょうがは初期除草が命。
播種した場所に目印にする篠竹を刺して、その上からマルチをかぶせていた。
マルチにカッターで穴をあけ、しょうがの芽を陽のもとに当てる。
マルチの外側は草でびっしり。
これを三角ホーで除草。

午後 28.2度

○トマトパイプ立て
0531-5
パイプはあらかじめ横に並べて、刺しやすいようにしておく。
段取りが大事。
パイプ設置後、直管、ビニペットを取り付ける。

○さつまいも定植
0531-7
購入苗に続いて、自家採種苗を投入。
定植の好条件は、
・夕方がよい(日照りは避ける)
・乾燥はダメ
明日雨予報のため、急遽定植。

 

今日も1日ありがとうございました(^o^)/

しげファームの無農薬お野菜、注文はこちらから!
>>野菜宅配・しげファームのビオマルシェ

この日記は千葉の有機農家・しげファームさんでの修行記録です。
>>しげファームHP

>>ブログ「しげファームの作業日誌」


17/5/26 収穫は『イメージが大切』

2017年6月1日 から マイLOVE♡マイLIFE | 0件のコメント

2017年5月26日(金)
朝9時 あめ 19.3度

久しぶりの雨。強い雨が降り続く。
そんな時でも、しげさん、みかさんは出荷の日は朝早くから畑に出て、収穫を行う。
0526-3

『収穫はイメージにかかっている』
選びながらだと、時間がかかって終わらない。
特にこんな日は。
余ってもよいので収穫を進める。

雨の日は、作物が水分を含んで重くなり、切れたり折れたりしやすい。
一段と『少ないタッチで』繊細な扱いが求められる。
雨が上がって出荷までの間に晴れても、劣化が進みやすい。
冬は前日に収穫するなど、霜や雨をできるだけ避ける。

○調整、包装
午前中は、そらまめ、ズッキーニ、カリフラワー、ブロッコリ、スナップえんどう、きぬさやの包装を行う。
0526-4

雨がやみそうにないので、残りの出荷作業はしげさん、みかさんが行い、午前中で切り上げさせてもらうことに。
このあと包装する作物が、きれいに並べられている。
0526-1

八街の農具専門店「にんじん」で農具を見ながら買い物、
そのあと近所の農地を拝見し、農家さんと立ち話をして帰る。

今日もいただいたお野菜で夕食。
0526-6
シャッキシャキのスナップえんどうとにんじんの卵炒め
実も葉っぱも味が強くてとろけるおいしさのかぶと卵のスープ
スーパーでは手に入らない美味しさのそらまめ
幸せいっぱい^_^

今日も1日ありがとうございました(^o^)/

しげファームの無農薬お野菜、注文はこちらから!
>>野菜宅配・しげファームのビオマルシェ

この日記は千葉の有機農家・しげファームさんでの修行記録です。
>>しげファームHP

>>ブログ「しげファームの作業日誌」


17/5/2 ズッキーニの定植、オクラの播種など

2017年5月6日 から マイLOVE♡マイLIFE | 0件のコメント

2017年5月2日(火)
朝9時 はれ 18.3度 南からの小風

今週木曜日からいよいよ春作の配達が始まる。
収穫と出荷のための調整が作業に加わる。

写真画像が見当たらなくなったので、取り急ぎテキストだけアップしますm(_ _)m

○ズッキーニ2作目4種を定植、トンネルがけ
株間は広い方がストレスが少なくてよいが、どれだけ作るかいつも悩むところだそう。
受粉させるために雨に当てないようにする。
すぐに大きくなるのでトンネルはできるだけ高く設置する。

○オクラ播種
自家採種など2種、株間30cm、1穴に5粒を播種。
オクラは土が乾くと発芽しにくい。
雨が降らない場合は灌水チューブで水やりをする。

午後14時 24.6度

○オカヒジキ畝のマルチがけ

○きぬさや補強支柱立て
支柱への紐の結び方2パターン、前にも習ったことだが難しい。
結び花の数だけ実がなる。
隣のそらまめには既に所々あぶらむしがつき始めている。

単一〜少数作物の場合、一時期に作業集中して、ピーク時以外は意外とやることがない。
多品種少量の場合、絶えず忙しい。
どんな農業をやるかによって、作業のスタイルは全く違う。

ある地主さまから、照会していた農地の賃借について相談させていただけることになった。

今日も1日ありがとうございました(^o^)/