マイLOVE♡マイLIFE

マイラブファームのHeal The Worldな毎日〜マイラブ・マイライフ〜

17/10/27 最高の笑顔で収穫。いよいよ初出店前日。

2017年10月27日 から マイLOVE♡マイLIFE | 0件のコメント

10月27日(金)
6時 はれ

いよいよ明日はラブファーマーズ・フェスティバル出店。
もう泣いても笑っても、残すは今日1日。
抜けるような秋晴れ。
それでも、明日からは台風接近で2日間雨マーク(T_T)

最高の笑顔で収穫を喜び、送り出す。

紅はるかを収穫。
1027-1
安納芋を収穫。
とったどー\(^o^)/
1027-2

葉物を収穫。水菜の他に、タァサイも撮れた。
1027-3

明日から2日間、よろしくお願いします!
1027-4

みなさまのご来場お待ちしています!
>>ラブファーマーズ・フェスティバル

今日も1日ありがとうございました(^o^)/


17/10/26 マイラブファームのパネル完成。さつまいも、えだまめを収穫、調整。

2017年10月26日 から マイLOVE♡マイLIFE | 0件のコメント

10月26日(木)
6時 はれ 気温10.7度 湿度77% 北東の小風

ラブファーマーズ・フェスティバル出店用パネルが完成。
デザインしてくださったMERRY PROJECT水谷さんと金田さんと一緒に。
水谷さん、金田さん、素敵なデザイン本当にありがとうございます!
1026-16

きぬさやが発芽。
1026-10

まともに丸1日作業ができるのは久々。
2日後のラブファーマーズ・マーケットに備えて全力で収穫と調整を進める。
果たして、並べられる作物はどれだけあるだろうか?
不安でいっぱい。

安納芋を収穫。
1026-12

えだまめを収穫。
1026-13

開墾の時を思い出し、何度も涙がこみ上げてくる。
久々の秋晴れの下で、えだまめを調整。
1026-14
1年前、しげさんのところで行ったことを思い出しながら、
作業場をセッティングをして調整開始。
カメムシに吸われたところをカットしてゆくと、房の半分ちかくがなくなってゆく。
もっと防虫できないものか、考え込みながら。
1026-15

この作業で半日終わる。

ホワイト六片は芽が出揃ってきた。
1026-11

今日も1日ありがとうございました(^o^)/

 

 

 


17/10/24 さつまいも収穫。えだまめ調整。週末はまた台風?

2017年10月24日 から マイLOVE♡マイLIFE | 0件のコメント

10月24日(火)
6時 はれ時々くもり

久々の晴れ間。
しかし明日からは再び崩れ、週末は再び台風が上陸する可能性が高まる。
1024-4

○さつまいも収穫
吉度ちはるさん「よ・も・ぎくらぶ」さまより注文いただいた安納芋、紅はるかを収穫。

さつまいもを育てるには、悪条件が重なり、不安とともに引き抜く。

・植え付けの時期が適期ぎりぎり(7月初旬)
・さつまいもの最適土壌より酸度が高い(ph5~6が最適のところ7)。
・特に8月、10月の過剰な雨量(さつまいもは乾燥を好む)
・線虫が多くてさつまいもはうまく育たないという近隣農家さんの話。

しっかり育っていてほしい。
祈る気持ち。

少し多めにとって、選別に向かう。
安納芋。
1024-1

紅はるか。
1024-3

○えだまめ調整
週末のマーケット初出店に備え、えだまめもラストスパート、
強い風雨で倒されないように補強した甲斐あって、倒伏することなく収穫を迎える。
1024-2

○にんじん試し採り
少しづつだが形になってきた。
1024-5

明日は記念すべき初出荷。
葉物は明日早朝を待って収穫することに。

今日も1日ありがとうございました(^o^)/

 

 


17/10/18 レタス、白菜を定植。にんじん、ごぼう調整。安納芋を試し堀り。

2017年10月18日 から マイLOVE♡マイLIFE | 0件のコメント

10月18日(水)
8時 はれ 気温16.1度 湿度66% 北の小風

久しぶりの晴れ空。
心配だったホワイト六片が続々と地上に芽を出す。
1018-5

今日は畑で出来ることをできるだけ進める。

○さつまいも試し掘り
今日は安納芋を試し掘り。感動(T_T)
もう少し大きくなってほしいがいい感じで育ってくれている。
雨続きでぐじょぐじょになっていたり、腐っていたらどうしようと不安だった。
味はどうだろうか?
1018-7

○定植
昨日に引き続きレタスと、今日は新たに白菜を畑に送り出す。
感動の瞬間(T_T)
1018-1
白菜は虫食いが進んでいたが、鉢上げして少し勢いが戻ったところで定植。
どのくらい復活できるか。祈る思い。
しっかりとマルチ、防虫ネットを施す。
1018-2

○選抜(間引き)、除草
にんじん、ごぼうの選抜、除草を行う。
にんじんには、アカザが同じくらいの背丈になって迫っていた。
1018-3
選抜、除草後は土寄せをする。
1018-4

ごぼうも大きくなってきた。
選抜しながら欠株している部分に補植。
ちゃんと育つかどうかはわからない。
1018-6
ゴルゴが発芽。
1018-8

安納芋は、まだ甘さが乗り切っていないが、ほどよい甘さとなめらかな食感が何とも言えない。
自分的には今までにこんなさつまいもを食べたことがないほどおいしかった(本当に)。
1018-9

今日も1日ありがとうございました(^o^)/


17/10/8 さつまいも試し掘り。小松菜、ビーツ、ラディッシュ、多菜、大根、かぶ選抜。

2017年10月8日 から マイLOVE♡マイLIFE | 0件のコメント

10月8日(日)
8時 くもり 気温20.2度 湿度89% 北東の小風

○さつまいもの試し掘り、つるはがし
紅あずまを試し掘り。
まだ小さいが、一応形になってきている。
ヤッター(^o^)
1008-1
つるはがし。
栄養分をイモの実に回すため、茎から出た根をはがす。
1008-4

○選抜(間引き)
小松菜、ビーツ、ラディッシュ、多菜、2畝目の大根、かぶを選抜
小松菜はまたもや虫食いが進んでいる。
1008-2

ラディッシュはもう収穫期に。
大きくなりすぎて裂果しているものも。
1008-3

昼はカレーにいんげん、ミニトマトアイコ、イエローアイコ
1008-5

今日も1日ありがとうございました(^o^)/


17/7/22 さつまいもを補植

2017年7月22日 から マイLOVE♡マイLIFE | 0件のコメント

7月22日(土)
8時 はれ 気温28.8度 湿度78%  南西の中風

あたり一面を制していたセイタカアワダチソウが一掃された後は、
多様な野草が出現するようになった。
まずは真っ先にスベリヒユが生い茂るようになる。
スベリヒユは地表面を覆って、微生物や作物の根を守るそう。
除草せずに残しておく。
0722-1

赤しそは定植後、日照り続きにグッタリしていたが、ようやく活き活きとした新しい葉が生えてくる。
0722-4

○さつまいもの補植
0722-2
安納芋苗30本を購入して補植。
0722-3

午後は畑の近くの賃貸住宅と周辺の町並みを見に行く。

0722-6

今日も1日、ありがとうございました(^o^)/


17/7/4 さつまいも畝のかん水、えだまめ畝の耕うん

2017年7月5日 から マイLOVE♡マイLIFE | 0件のコメント

7月4日(火)
午前9時 くもり 気温27.9℃ 湿度74% 南西の微風〜小風

鍬を振って、手がマメだらけになる。
0704-1

○さつまいもかん水
0704-4
なかなか雨が降らず、さつまいも苗がさらにしおれてくる。
少しあきらめモードになる。
近くの水源まで、ペットボトルで汲んでかん水する。
1回10リットル分の水を4回くんで水やりをする。

「今夜台風がくるから、大丈夫だよ。」

軽トラックで通りがかりの農家の方が声をかけてくださった。
ならよいのだけど、、依然心配。

○草刈
足りない金具を調達して、
やっと刈払機が動かせるようになる。
隣接する農地との境界線を刈る。
クズで引っかかり、うまく刈れない。
2時間半ずっと刈払機を運転していたら、汗でぐしゃぐしゃ、手が痺れてきた。

○クズ抜き
0704-3
クズが高く積み上がってゆく。

○えだまめ畝の耕うん0704-5
さつまいもの向かいのえだまめを植える場所を耕す。
表面は乾燥しているが、すぐに湿った土が出てくる。
地下水位は高めな感じだろうか。

今日も1日ありがとうございました(^o^)/


17/7/2 記念すべき最初の作物、さつまいもを定植。

2017年7月3日 から マイLOVE♡マイLIFE | 0件のコメント

7月2日(日)
午前9時 くもり 気温25.1℃ 湿度77% 北の無〜小風

さすがにさつまいも苗もグッタリしてきた。
ところどころ枯れ始めたり、腐りはじめる。
今日中に畝を作って植え切らないと、苗たちが枯れてしまう。

○クズ抜き
クズの根を見て、♪そして僕は途方に暮れるの図。
0702-10

慣れてきて、かなり手際がよくなっては来ているが、終わりが果てしなく遠い。
昼過ぎてやっと終わる。
0702-11

○耕うん
0702-12
しげさんのところでは、鍬はもっぱらトンネルの被覆やマルチを埋めるのに使う程度だった。
鍬を振るって耕すのは初めて。
(農業体験での田起こしの時くらいか?)
畝の位置をマーキングして、その間を耕してゆくが、、
まっすぐのつもりがどんどん曲がってゆく。

「人の感覚はあてにならない」

しげさんの言葉を思い出す。

今畝を耕しているのか、畝間を耕しているのかわからない。
ひもでラインを作って、その間を耕してゆく。
畝間は耕さないことにする。もう時間もない。

○うね作り
0702-13
さつまいもは、水はけを良くし、土中をふかふかにして実が育ちやすくする為高畝にする。
しかし、人力で高うねにするには、相当の労力が必要というのがよくわかった。
10m畝を6畝作る。
安納芋3畝100株、紅あずま1.5畝50株、紅はるか1.5畝50株。
最初の方がうね幅が広く平うねに近く、だんだんうね幅を狭めて高うねになってゆく。
まあ、最初は多様な方法で結果を見てみようと^_^
時間が過ぎて、夕暮れが迫ってくる。
必死に休まずに鍬を振り続ける。
作り終わった時には、夕方近くになっていた。

○さつまいも定植
自宅に戻って、クーラーで涼んでいるさつまいも苗を取って引き返す。
苗はさらにグッタリして、枯れたり腐食が始まっていたりする部分もある。
遅くなってごめん。。無事に根付きますように。
涙目になりながら、祈るようにして苗をうねに挿してゆく。
夕暮れの陽に照らされるさつまいも苗。
本当に感動でした。
0702-14

新しいはじまりを経験した。
この2日間のことは、一生思い出に残るでしょう。

0702-15

今日も1日ありがとうございました(^o^)/


17/5/28 教えているのは『全部失敗して経験して学んだこと』

2017年6月18日 から マイLOVE♡マイLIFE | 0件のコメント

2017年5月28日(日)
朝9時 はれ 23.5度 南の小風

トマトも大きくなってきた。0528-5

相変わらず失敗の連続。
教えているのは『全部自分が失敗して経験して学んだこと』
大切なのは、その経験をどう生かすか。
しげさんが話す。

○収穫
・ディル
間引きしながら取り進める。
ハーブの収穫期間は短い。バジルは比較的長く収穫することができて重宝する。

・ブロッコリー
0528-1
毎日収穫する。
スティックブロッコリーは、先端より、枝の部分をおもに出荷する。
茎がおいしいのが、スティックブロッコリーのポイント。

・ズッキーニ
雄花を雌花につけて受粉させると、実が育ち、3〜4日で収穫。
トゲに当たって傷つけないよう、細心の注意を払って摘んでゆく。

○モロヘイヤの定植

○さつまいもマルチがけ

○チコリーの調整
0528-2
大きくなったものを選んで、ひもで縛る。
こうすると、中心の部分がより甘くなる。

○玉ねぎ、にんにく干しの場所づくり
常にどんな方法で作業するか、どんな道具を使うか考えながら行う。
0528-8

○自家培土づくり
0528−3
しげさんから、余った材料で、自家培土を作って、研修生たちで分けるようにとプレゼントをいただく。
暖かい計らいに感動。一人立ちした第一歩はこの自家培土で苗作りを行うことができる。
昼休みを使って協力して行う。

○生育チェック

・かぼちゃ
0528-4
もう地面を覆い尽くすほど生い茂っている。
受粉のしかたはズッキーニと同じ。
脇芽とりはもう少し後でも大丈夫。
うりはむし、うどんこ病に注意。

午後 28.5度

○トマトの脇芽かきと誘引
0528-7
脇芽は全てとって主軸の生長に集中する。
マイクロトマトだけ、第一花の直下の脇芽だけ残す。
(連続摘心といって、主軸ではなく脇芽を伸ばすという方法もある。)
脇芽かきをした後は、グッと実が大きくなってくる。

最初目が慣れなかったがだんだんわかってくる。
脇芽をとった傷口からは病気になりやすくなる。
裂けないように、パキっと折る。これが難しい。
角度と勢いが大事。

おもに自然農法種は、成長点は残して根を伸ばす力を助ける(放任)
在来農法種は、摘心して上を伸ばす
とよいとのこと。

0528-6
きゅうりの出荷はじまる。去年初めて食べてビックリした、あの食感が蘇る。
リーフレタスもふわふわで幸せ感が口の中に広がる。
そして、お隣が釣ってきたかつおのおすそ分けをいただき、刺身で食す。
久しぶりのお刺身、おいしくいただきました。

今日も1日ありがとうございました(^o^)/

しげファームの無農薬お野菜、注文はこちらから!
>>野菜宅配・しげファームのビオマルシェ

この日記は千葉の有機農家・しげファームさんでの修行記録です。
>>しげファームHP

>>ブログ「しげファームの作業日誌」


17/6/14 『なぜそうするのか』なす誘引など

2017年6月14日 から マイLOVE♡マイLIFE | 0件のコメント

2017年6月14日(水)
朝9時 はれ 24.3度

午前は雨のため、午後から研修となる。

まもなく1年を迎えようとしているが、未だに自分のやっていることに自信が持てない。
決断して前に進めると間違える。
品種の分け目を間違える。
誘引のための支柱を立てる位置を間違える。
『間違えるのは、なぜそうするのか、自分の頭で考えていないからだ』
しげさんからも厳しい指摘が飛ぶ。
大事な畑の作物を使って実践させていただいている。
自分の畑だったらどうするか?
間違えればその後の生育に大きな影響が出る。
プレッシャーを感じながらも、思うように頭が働かない。
少しでも感じたことを体と頭に植え付けようとする。

○トマト誘引、芽かき
0614-1
以前に自分が株と支柱の距離を開けすぎたレーンの誘引。
強く支柱にもたれかかり、横への力が強い成長点を、真上に引っ張り上げて誘引。
茎が折れないように、効果的な位置に誘引する。

○さつまいも定植・欠株補植
0614-2

○きゅうり誘引
0614-3
一番下の網目から通して、真上に進むようにする。

○オクラ防草シートはり
0614-4
雑草の上から強引に敷く。

○なす支柱立て、誘引
0614-5
支柱を立てる方向は株の風下(北側)に。
そうすることで株は自然と支柱にもたれかかるようになる。
株と支柱の距離を間違えなくなったと思ったら、方向を間違える。
冒頭の指摘を受ける。

あと何回、ここで教えを仰げるのか。
しっかりと気持ちを引き締めてゆきたい。

今日も1日ありがとうございました(^o^)/

 

しげファームの無農薬お野菜、注文はこちらから!
>>野菜宅配・しげファームのビオマルシェ

この日記は千葉の有機農家・しげファームさんでの修行記録です。
>>しげファームHP

>>ブログ「しげファームの作業日誌」