マイLOVE♡マイLIFE

マイラブファームのHeal The Worldな毎日〜マイラブ・マイライフ〜

17/11/9 玉葱定植。法蓮草播種。真冬にオススメ、タァサイと卵のスープ。

2017年11月9日 から マイLOVE♡マイLIFE | 0件のコメント

11月9日(木)
8時 はれ 気温16.8度 湿度45% 東の強風

暖かいが強い風が吹く一日。

○畝立て、マルチがけ
縦うねの定植準備の為、4畝を畝立て。
・穴あきマルチ×1→玉葱用
・黒マルチ×2→結球葉物用
・マルチなし×1→きぬさや用
とする。

○玉葱定植
固定種「泉州中甲高黃大玉葱」
固定種「ジェットボール」
固定種「奥州玉葱」
それぞれ122穴セルトレイ1枚分定植。
ほぼ20m畝を埋める。
まだそれぞれ2枚分ハウスに残っている。
開墾の時はあんなに大きくて途方に暮れたのに、畑の広さに限界を感じはじめる。
1109-1

○法蓮草播種
固定種「あかね法蓮草」播種
真っ暗になったので写真なし。

収穫したタァサイで卵のスープ。
タァサイは、あまり馴染みがないが、
香ばしくて味もはっきりしていておいしい。
しげファームで修行している時に、
真冬でもハリがあるツヤツヤとした姿を見て、
作目に加えたいと思った。
マイラブファームのおすすめ野菜として育ててゆきたい。
1109-2

今日も1日ありがとうございました(^o^)/


17/10/15 そらまめ3種を播種。ブロッコリー、白菜を選抜。

2017年10月15日 から マイLOVE♡マイLIFE | 0件のコメント

10月15日(日)
7時 あめ 気温15.5度 湿度43% 北西の小風

小かぶが形になってきた。
1015-5

昨日は43回目のマイケルふれあいステージ。
2年前に強制避難指示が解除された楢葉町民への仮設住宅による住宅保障が来年3月で打ち切りとなるため、仮設住宅への訪問はあと1回を残すのみとなった。
当日はいろいろな思いがこみあげる。

来場いただいたみなさまにラディッシュをプレゼント、
「ちょっと辛すぎるかも(^o^;」
と、自信なげに配る。
終わった後、来場してくださった一人がすぐに家に戻って、
きゅうりと一緒に塩もみして持ってきてくれた。
「辛すぎねえよ~ちょうどいいっぺ」
思わず涙(T_T)
1015-2

当面は秋雨前線が停滞、今週いっぱい雨の模様。
今日もハウス内で出来ることを進める。

○播種
そらまめ3種をポットに播種。
1015-1
・固定種「河内一寸」
・固定種「ファーベポポロ」
・交配種「千倉一寸」
千倉一寸は、千葉の在来種「千倉一寸」を交配したもの。
残念ながら在来種が手に入らず、ここは交配種のものを育てることに。

そらまめの種は高価。
失敗しないように、植え方をよく確認して植える。
文章だけだと意味がよくわからないが、いろんなサイトを参考にする。
-おはぐろを地中に入れ、
-側面のくぼんだ方を上にして、
-おはぐろの反対を3分の1くらい地上に出して、
-ななめに植える。

こんな感じだろうか?

○選抜(間引き)
追い蒔き分のブロッコリー、白菜苗を選抜。
1本立ちにする。
1015-4

追い蒔き分のたまねぎが発芽。
1015-3

かぶと水菜の卵雑炊。
格別においしくて温まった(^o^)
1015-6

今日も1日ありがとうございました(^o^)/


17/10/9 カザフ大根選抜。たまねぎ播種。ブロッコリー鉢上げ。

2017年10月9日 から マイLOVE♡マイLIFE | 0件のコメント

10月9日(月祝)
9時 はれ 気温22.7度 湿度62% 北東の小風

いつも畑を通り過ぎる近所のご夫婦から柿をいただく。
1009-1

新しく蒔いたブロッコリー、白菜は発芽。
1009-81009-9

○選抜(間引き)
カザフ大根を選抜。
1009-3
最初に蒔きすぎ、もったいないのでセルトレイに戻す。
もつだろうか?
1009-4

○播種
たまねぎ3種を播種、残った種を蒔き切る。
1009-2

○鉢上げ
最初のブロッコリーを鉢上げ。
ビニールトンネルによる即席苗場ではブロッコリーが一番大きな被害を受けた。
ほとんどまともな株が残っていない。
奇跡を信じて、葉がなくなって茎だけの株も鉢上げ。
1009-10

○除草
じゃがいも、ごぼうを除草。
じゃがいもは土寄せも。
1009-6

ごぼうは順調に育つ。
1009-5

今日も1日ありがとうございました(^o^)/


17/9/10 玉葱、蕪、大根、人参、多菜、春菊、水菜を播種。

2017年9月11日 から マイLOVE♡マイLIFE | 0件のコメント

9月10日(日)
9時 はれ 気温26.1度 湿度68% 南の小風

昨日に続いて快晴の週末。
今日は昨日に比べると厳しい残暑。

今日も耕うんの間、さちが播種。

○耕うん、畝立て
耕うんのあと、今日は80㎝幅の高畝を30m×2畝仕立てる。
0910-2
0910-3

○播種(苗)
たまねぎ3種を播種。
0910-1
・固定種「ジェットボール」
・固定種「泉州中甲高黄大玉」
・固定種「奥州」
0910-5

○播種(直播)
ヤフオクで落札した播種機を使って播種。
今までのように「元気に育ってね!」と、
一粒一粒、願いを込めてたねを播く間もなく、
あっという間に種をまき終わる。
0910-4

自然栽培をやるために、
地下資源を使うか?
石油化学製品を使うか?
電気を使うか?
機械を使うか?

すべての命とつながるために、それを許せるかどうか。
僕たちが決めた基準。

種を蒔いている間は、
「元気に育ってね!」という思いと、
心からのハッピーなスマイルを忘れないようにしている。

・固定種かぶ「みやま小かぶ」
・固定種だいこん「紀州大根」
・固定種にんじん「黒田五寸人参」
・固定種「タァサイ」
・固定種春菊「大葉春菊」
・固定種水菜「早生千筋京水菜」

を播種。

週末2日間、新しいスタートを目まぐるしく迎え、
あっという間に過ぎていった。

0910-6

今日も1日ありがとうございました(^o^)/

 


17/5/28 教えているのは『全部失敗して経験して学んだこと』

2017年6月18日 から マイLOVE♡マイLIFE | 0件のコメント

2017年5月28日(日)
朝9時 はれ 23.5度 南の小風

トマトも大きくなってきた。0528-5

相変わらず失敗の連続。
教えているのは『全部自分が失敗して経験して学んだこと』
大切なのは、その経験をどう生かすか。
しげさんが話す。

○収穫
・ディル
間引きしながら取り進める。
ハーブの収穫期間は短い。バジルは比較的長く収穫することができて重宝する。

・ブロッコリー
0528-1
毎日収穫する。
スティックブロッコリーは、先端より、枝の部分をおもに出荷する。
茎がおいしいのが、スティックブロッコリーのポイント。

・ズッキーニ
雄花を雌花につけて受粉させると、実が育ち、3〜4日で収穫。
トゲに当たって傷つけないよう、細心の注意を払って摘んでゆく。

○モロヘイヤの定植

○さつまいもマルチがけ

○チコリーの調整
0528-2
大きくなったものを選んで、ひもで縛る。
こうすると、中心の部分がより甘くなる。

○玉ねぎ、にんにく干しの場所づくり
常にどんな方法で作業するか、どんな道具を使うか考えながら行う。
0528-8

○自家培土づくり
0528−3
しげさんから、余った材料で、自家培土を作って、研修生たちで分けるようにとプレゼントをいただく。
暖かい計らいに感動。一人立ちした第一歩はこの自家培土で苗作りを行うことができる。
昼休みを使って協力して行う。

○生育チェック

・かぼちゃ
0528-4
もう地面を覆い尽くすほど生い茂っている。
受粉のしかたはズッキーニと同じ。
脇芽とりはもう少し後でも大丈夫。
うりはむし、うどんこ病に注意。

午後 28.5度

○トマトの脇芽かきと誘引
0528-7
脇芽は全てとって主軸の生長に集中する。
マイクロトマトだけ、第一花の直下の脇芽だけ残す。
(連続摘心といって、主軸ではなく脇芽を伸ばすという方法もある。)
脇芽かきをした後は、グッと実が大きくなってくる。

最初目が慣れなかったがだんだんわかってくる。
脇芽をとった傷口からは病気になりやすくなる。
裂けないように、パキっと折る。これが難しい。
角度と勢いが大事。

おもに自然農法種は、成長点は残して根を伸ばす力を助ける(放任)
在来農法種は、摘心して上を伸ばす
とよいとのこと。

0528-6
きゅうりの出荷はじまる。去年初めて食べてビックリした、あの食感が蘇る。
リーフレタスもふわふわで幸せ感が口の中に広がる。
そして、お隣が釣ってきたかつおのおすそ分けをいただき、刺身で食す。
久しぶりのお刺身、おいしくいただきました。

今日も1日ありがとうございました(^o^)/

しげファームの無農薬お野菜、注文はこちらから!
>>野菜宅配・しげファームのビオマルシェ

この日記は千葉の有機農家・しげファームさんでの修行記録です。
>>しげファームHP

>>ブログ「しげファームの作業日誌」


17/6/4 『全部一人で出来るように』にんにくの収穫など

2017年6月5日 から マイLOVE♡マイLIFE | 0件のコメント

2017年6月4日(日)
朝9時 くもり 22.1度

ブルーベリー、さらに色づく。あともう少し。
0604-1

『全部一人で出来るように』
一人で出来ない作業はない。
しげさんは言う。
しげさん自身、就農直後は全ての作業を一人でやってきたという。

○オクラ水やり

○にんにく収穫
0604-2
・適期にとる
・葉は少し残す
・根は作業場でまとめて落とす
にんにくは高単価でオプションメニューにもってこいだが、
種の量から、うまくいっても4〜5倍の収量にしかならない。
0604-3

○きぬさやの片付け
0604-4
豆の後はアブラナ科の作物のほ場にするのがよい。
枯れる前に撤去した方が楽。

午後14時 はれ 30.6度

○にんにく、玉ねぎ干し
0604-5
赤玉ねぎは干さずに初玉ねぎとして先出し出荷
体中、にんにく臭でいっぱい^^;

○とうがらし畝のマルチ修復

今日も1日ありがとうございました(^o^)/

しげファームの無農薬お野菜、注文はこちらから!
>>野菜宅配・しげファームのビオマルシェ

この日記は千葉の有機農家・しげファームさんでの修行記録です。
>>しげファームHP

>>ブログ「しげファームの作業日誌」


17/5/31 『どんなにうまくやっても、出来ない時は出来ない』さつまいも定植など

2017年6月1日 から マイLOVE♡マイLIFE | 0件のコメント

2017年5月31日(水)
朝9時 はれ 26.8度 南の中風

『人間にはわからない、野菜が感じている環境がある。
いつもどおりやっても、どんなにうまくやっても、
出来ない時は出来ない。』
しげさんは言った。

○そらまめ収穫
0531-12

見極め方
・さやが黒くなっている
・つやが出てきている
・株の下から上に向かって

○玉ねぎ、にんにく干し場つくり
0531-1
遮光度50%の遮光ネットを使う。
葉物用は35%を使っている。

○とうもろこしの穂カット
0531-2
アワノメイガ対策に今年からはじめる大胆な方法。
アワノメイガは穂から入り、葉に降りてくる。
毎年多大な被害を被っているため、今年は穂を落とすという決断なのだそう。
0531-3
とうもろこしは1つの株に2つ生える。
下に生えたものは早めに収穫してヤングコーンとして出荷。
実に毛が生え始めたら受粉する。

○しょうが穴あけ
0531-4
しょうがは初期除草が命。
播種した場所に目印にする篠竹を刺して、その上からマルチをかぶせていた。
マルチにカッターで穴をあけ、しょうがの芽を陽のもとに当てる。
マルチの外側は草でびっしり。
これを三角ホーで除草。

午後 28.2度

○トマトパイプ立て
0531-5
パイプはあらかじめ横に並べて、刺しやすいようにしておく。
段取りが大事。
パイプ設置後、直管、ビニペットを取り付ける。

○さつまいも定植
0531-7
購入苗に続いて、自家採種苗を投入。
定植の好条件は、
・夕方がよい(日照りは避ける)
・乾燥はダメ
明日雨予報のため、急遽定植。

 

今日も1日ありがとうございました(^o^)/

しげファームの無農薬お野菜、注文はこちらから!
>>野菜宅配・しげファームのビオマルシェ

この日記は千葉の有機農家・しげファームさんでの修行記録です。
>>しげファームHP

>>ブログ「しげファームの作業日誌」


17/5/30 パプリカは、最初ピーマンとして出荷する?

2017年5月31日 から マイLOVE♡マイLIFE | 0件のコメント

2017年5月30日(日)
朝9時 はれ 29.1度 南の小風

ブルーベリー、あともう少し。
0530-1

朝のニュースでは、東日本大震災で避難した福島県の強制避難解除された村に戻ったご老人が話す。
原発が出来て、人々の暮らしは安定し、村は潤った。
原発事故で故郷を離れ日常を失い、今故郷に戻り、複雑な思いをにじませる。
「国を頼ったり、人を頼ったらダメだ。全部自分でやってゆかないと。」
言葉が心にしみる。

○収穫
・ズッキーニ
ハサミを入れる角度が難しい。
花が咲いてから3〜4日、花が枯れた頃が獲りどき。
ただし木、花、実と全体とのバランスから収穫どきを判断する。

・玉ねぎ
0530-2
葉が寝ているものが収穫どき。
根と葉を落としてコンテナーに入れる。

○遮光ネットかけ
葉物畝に遮光ネットをかける。
30度を超えたら、葉物には必要。

○トマトの追肥
これから支柱、パイプ、ポリを施す。
梅雨までにはポリをかけ終われるように。

○生育チェック
パプリカが実をつける。
0530-4
緑色の時は、ピーマンとして出荷。え?本当?

○出荷調整〜包装
・にんじんはうか病に注意。
・カリフラワーはブロッコリーよりもちがいい。
・きゅうりの花は忘れずにとる。

きぬさやが終了。

ズッキーニをオリーブ湯で炒めていただく。
歯ごたえと香ばしさがなんとも言えず絶妙。
0530-5
今日も1日ありがとうございました(^o^)/

 


17/4/25 里芋、葉物を定植、スイートコーンを1株に『思いを託す』

2017年4月27日 から マイLOVE♡マイLIFE | 0件のコメント

2017年4月25日(火)
朝9時 はれ 19.3度 東からの小〜中風

作物の生育スピードが上がる。
畑に緑が多くなる。
かぶももうこんなに。
0425-11

○里芋の定植
0425-1
管理機を正転、イエローバイドを装着。
畝間90cm、株間60-70cmとして、7畝分を定植。
7畝目には欠株が出た時の保険苗を密植で定植。
0425-3

○葉物5種を播種
0425-4
・かぶ
・小松菜
・タァツァイ
・水菜
・ラディッシュ

午後14時 24.0度 南からの中風

○スイートコーンのまびき
0425-5
2粒撒き→2本植えの苗を1株まびく
ここまで連れ添ってきた株をまびくのはなんとも切ない。
『ありがとう』と念じて1株に託す。
0425-6
アワノメイガ対策は功を奏すか?

○小しょうがの種わり
0425-7
1株を50〜80グラムに割って、400株分用意する。
20キロの種しょうがを購入、不足分を自家採取の種しょうがで充当する。
種しょうがは12〜13度以上で保存する。

○つるなしいんげんの不織布を撤去
鳩対策の不織布を撤去。
元気な葉が顔を出す。ここまで育てば一安心。

○玉ねぎのマルチを回収
穴あきマルチは巻き取って次回を使えるようにする。

スギナにはケイ酸カルシウムが豊富で、土にはよい。

いただいたかぶをたまごスープにして食べました。
めっちゃおいしい\(^o^)/
0425-12

今日も1日ありがとうございました(^o^)/

 

>>半農半マイケル・マイケルやも

この日記は千葉の有機農家・しげファームさんでの修行記録です。
>>しげファームHP

>>ブログ「しげファームの作業日誌」


17/2/26 端境期にやることいろいろ『草木は微生物が分解して土に還す』

2017年2月27日 から マイLOVE♡マイLIFE | 0件のコメント

2017年2月26日(日)
AM:はれ 7.3℃ 小風

端境期の、とくに苗づくりがはじまる前は、ルーティンにはないいろんな事を行う。
セット販売以外、レストランへの販売や、マーケットに出たりもする。

みかさんは、生協のマーケットへの出店に出かける。
完売*\(^o^)/*
午後半ばには帰ってくる。
さすが!
0226(1)

○タマネギのマルチがけ補修
強風ではがれてしまったマルチをかけ直して、
クワで土をかけて、穴から出し直す。
クワの使い方が、まだぎこちない。
しげさんの使い方をよく見て、体に覚えさせようとする。
0226(3)

○スギ木材引き取り
しげさんがおつきあいされている近くの農家さんの伐採したスギの切り株の残りをおすそ分けいただく。
ストーブの薪などに使う。こんな営みがあるのも素晴らしい。
0226(5)

○葉物の資材回収
パッカー、トンネルわく、杭、マイカー線を外し、不織布をたたむ。
不織布は、近所の猫がハンモックがわりにして破れ、そこから風が入ってさらに破れ、一番端のものは細切れになって使えなくなってしまった。
0226(6)

午後 少し風が出てくる。

○カリフラワー後、きゅうりの土づくり
カリフラワーの残りごとハンマーナイフローターですき込んであった後に、
微生物の活動を活性化させる有機肥料を撒く。
『草木は微生物が分解して土に還す』有機農は、その自然の営みに則った手法であるということを、改めて学ぶ。

0226(9)

○収穫
イタリアン・レストラン2件からの注文への出荷のための出荷。
小さくてセット野菜には入れにくいが、イタリアンやフレンチのレストランではちょうどよい形、大きさの野菜もある。
カボロネロ、チコリー、日野菜かぶ、紫キャベツなど、彩りが鮮やかで、ユニークなお野菜を中心に収穫。
0226(10)
バラのようなチコリー
0226(11)

今日は、紫キャベツ、キャベツ、水菜と、有機農家さんからいただいた大きなレタスをいただきました。
ありがとうございます。
0226(14)

先日いただいたお野菜と合わせて、水餃子お野菜鍋とホウレンソウ炒めにしていただく。
あまりのおいしさにビックリ!幸せ!

水餃子お野菜鍋
0226(18)
ホウレンソウ炒め
0226(17)

今日も1日、ありがとうございました(^o^)/

千葉の有機農家しげファームのお野菜はこちらまで
(2ー4月は端境期で宅配お休みです)

>>しげファームHP
>>ブログ「しげファームの作業日誌」