マイLOVE♡マイLIFE

マイラブファームのHeal The Worldな毎日〜マイラブ・マイライフ〜

18/4/5 肌寒い一日に。人参播種。白菜定植。そらまめ畝を行灯仕立てに。

2018年4月8日 から マイLOVE♡マイLIFE | 0件のコメント

4月5日(木)
8時 くもり 気温13.4度 湿度59% 北の小風

昨日とは一転肌寒いくもり空。
赤花きぬさやがさやをつけ始める。
0405-1

○生育
「滝野川牛蒡」試し採り。あともう少し。
0405-2

「大浦牛蒡」はやっと発芽。雨も降らず、ほとんど発芽していない。
タイミングを図った追い薪きが必要か。
0405-3

冬まきカリフラワーが実をつける。
今まで、ここまでは来たが、いずれもうまく育っていない。
今度はどうだろうか?

追い蒔きピーマンが発芽をはじめる。

○播種
「黒田五寸人参」を播種。
まだ発芽するには気温、地温が低い。
土曜日の雨予報で水が入るのを待ってポリ被覆する。
畝間もいっぱいに使い、120㎝畝を作り8条まき。
0405-4

○定植
白菜を定植。なぜかまた感動がこみ上げる。
0405-5

○調整
そらまめに支柱を立て、紐で風による倒伏を防ぐ「あんどん仕立て」に。
0405-6

ひとまず一番低い地上30㎝あたりに1本マイカ線を張る。
本来は天然素材がよいのだが、当面は使い回せるものを使わせてもらう。

0405-7

今日も1日ありがとうございました(^o^)/


18/4/4 夏の日差し。キャベツ定植。

2018年4月8日 から マイLOVE♡マイLIFE | 0件のコメント

4月4日(水)はれ 西の小風
8時 気温18.2度 湿度83%

今年初めて感じる真夏の気候。
蒸し暑く強い日差しを受ける。
日中は25度を越える夏日に。

○生育
追い蒔きトマトが発芽。
0404-1

パプリカもやっと発芽。

ゴーヤも発芽。
0404-4

○調整
「春蒔五寸人参」を選抜、1本立ちにして土寄せ。
0404-5

○定植
キャベツを定植。
4月から育苗したキャベツ「成功甘藷」、白菜「春蒔松島一号」、ブロッコリー「ドシコ」
定植の時期を迎えた。
いつもこの時はなんとも言えない感動がこみ上げる。
0404-7
この主役級の野菜たち、
冬作ではうまく出来なかった悔しさがあり、
この春作で数作に分けてリベンジ、
うまく育てられるようにしたい。
虫の数を抑制するねらいで
キク科のサニーレタスを混栽。

アースデイマーケットでいただいたミントを植え付け。
0404-6
ミントは交雑する力が高いということだったので、
ペパーミントを果菜予定畝もとに、
アップルミントを畑入り口あたりに、
お互いに場所が離れたところに植え付け。

○育苗
「野崎早生カリフラワー」
1粒浅蒔き72セルトレイ×4箱
0404-8
カリフラワーも冬作でうまく出来なかった。
畑への投入時期を逃して、
苗のまま大量にとう立ちを迎えてしまった。
今度はうまく育てたい。

今日も1日ありがとうございました(^o^)/


18/3/14 防虫ネット被覆・除草。なす播種。白菜追い蒔き。

2018年3月19日 から マイLOVE♡マイLIFE | 0件のコメント

3月14日(水)はれ 南の中風
8時 気温13.4度 湿度49%

今日から初夏の暑さに突入、午後からは20度を超す。
亀戸大根が発芽出揃う。
0314-1

○ラディッシュ畝防虫ネット被覆・除草
不織布ベタがけから、防虫ネットトンネルに衣替え。
播種直後に大雪に見舞われたが無事生育している。
固定種ラディッシュは形が揃わない。
おためし販売でも痛感し、作付から外す事も考えたが、もう一回リベンジしてみる。
0314-6

春菊、小松菜、パクチー、水菜、ルッコラ畝防虫ネット被覆・除草
これは真冬にきぬさやの畝間に作った畝。
春菊もしっかりと育っている。マメ科の窒素供給パワーか?
「中葉春菊」

0314-2

「東京黒水菜小松菜」
0314-8

「パクチー」
初チャレンジ。まずまずの出来。
0314-9

「千筋京水菜」
0314-10

ルッコラ「ロケット」
ちょっと生育率が低い。てんとう虫も来た。
0314-11

○育苗
なす2種播種
「真黒茄子」1粒まき50セルトレイ×4箱
「賀茂茄子」1粒まき50セルトレイ×2箱
0314-3

「松島1号白菜」1粒まき50セルトレイ×2箱
一番発芽率のよかった白菜が3分の1くらい消失してしまったため追い蒔き。
0314-4
前日に東京に行く仕事があり、
その間換気をしたままで、しばらく寒い外気に当ててしまっていた。
春先の温度管理は難しく1日も目を離せない。
しげファームでも言い聞かされ、
雪や霜も降りることを実際に知った。
0314-5

今日も1日ありがとうございました(^o^)/


18/3/12 楢葉町から帰る。かぶ、大根、ごぼう選抜・除草。

2018年3月18日 から マイLOVE♡マイLIFE | 0件のコメント

3月12日(月)はれ 北西の中風
8時 気温8.0度 湿度33%

昨日は東日本大震災から7年目の3月11日。
2012年2月から仮設住宅への訪問を続け、
心を寄せてきた福島県楢葉町のみなさんとともに1日を過ごす。
楢葉町、そして東北のさらなる復興を心より祈ります。
0312-8

ブロッコリーが開花。
夏に蒔いたものは3株しか育たなかった。
秋に蒔いたものは未だに実をつけずとう立ちしてゆく。
春作ではしっかりと作ってみんなに食べてもらいたい。
0312-1

追い蒔きした亀戸大根が発芽。
発芽条件がグッとよくなった。
0312-3

ブロッコリー、キャベツ、白菜も発芽出揃う。
0312-5

○かぶ、大根選抜・除草
金町小かぶ、亀戸大根の江戸下町野菜を選抜・除草。
亀戸大根は、相当定着率が低かった。
別の作目で混栽を図る。人参がいいか?
0312-4

○ごぼう除草
これも江戸下町野菜の滝野川牛蒡。
0312-9
先日に引き続きごぼう除草。完了。
2畝作ったが、定着率に差が出る。
0312-6

○じゃがいも、里芋畝耕うん
じゃがいもは東西畝だが、里芋は東西畝にして、防風壁にする。

○べか菜、ベビーリーフ畝ネット被覆
べか菜は早くも虫喰いだらけ(^o^;
ベビーリーフは定着率悪い。

0312-7

キャベツ、紫キャベツ畝も防虫ネット被覆して今日の作業を終わる。

今日も1日ありがとうございました(^o^)/


18/3/1 虫たちも目覚める。カボチャ、メロン、すいか、とうがんを播種。人参畝を混栽畝に。

2018年3月10日 から マイLOVE♡マイLIFE | 0件のコメント

3月1日(木)雨のちくもり 南の強風
8時 気温14.8度 湿度78%

今日から3月。昨夜から雨。
今日も午前中は暖かい雨が降り、強風が吹き荒れる。

冬白菜が巻かないままとう立ち。
0301-1

虫たちも目覚める。
0301-3
温床の外に既に蟻が巣を作っていた。
0301-2

○苗作り
今日はウリ科4種を播く。
かぼちゃ「東京カボチャ」
0301-4
メロン
「菊メロン」値札つき(^o^;
0301-5
「ニューメロン」値札かくす(^o^;
0301-6
すいか「乙女西瓜」
0301-7
とうがん「沖縄冬瓜」
0301-8

○定植
密閉ポリで育てたにんじん畝をついに開ける。
真冬の播種で難しかったがやはり半分くらいは定着していなかった。
定着しなかったマルチ穴に定植機会を失って苗として残っていた、
チコリー、コールラビ、ゴルゴビートの3種を定植。
チコリーは一度定植したが風と寒さで瀕死となり、
一旦ハウスで保護して再生させたもの。
草丈が高く、虫を寄せるアブラナ科のコールラビを真ん中に置き、
虫の数をコントロールするキク科のチコリーは外側に置き、
アカザ科のゴルゴはそれ以外の空いたところに定植。
0302-2

こうして人参畝は規則性の低い混作となった。
普通の農家は、こういうことはしない。
整然と、規則性に従って作物を植えて、収穫効率をよくする。

自然栽培では大規模な単作が連作障害を生む一つの大きな原因と見ている。
整然と整列させられ画一化されていることが、植物にとってもストレスになる。
自分らしくありのままに生きたい。これは人間と一緒なのだと思う。
人参が定着しなかった穴は不規則。
その不規則なところに、人参ではなく他の作物を植えることによって、
多様性と不規則性をもたらし、自然界で起こる偶然性に近づける。
これこそが、自然栽培の指し示す方向なのではないかと思う。
こういう非効率なことをするのは、
「農業」を「農業」として捉えていないから。

ただ、この時期まで育ち遅れてしまった野菜たちが無事に育つかどうかはわからない。
冒頭のとおり、白菜はとう立ち。適期に定植できなかった為、自力で結球することができず、そのまま栄養成長から花を咲かせて子孫を残そうとする生殖成長に移行した。
どういうことになるのかということを、自分の肌で知っておかなくてはならない。

ちなみに、こんな研究成果がある。

一般社団法人日本植物生理学会HPより
>>栄養成長から生殖成長に切り替わりには何が作用するのですか?
なるほど!

今日も1日ありがとうございました(^o^)/


18/2/28 春が来た。育苗開始。ブロッコリー、キャベツ、白菜を播種。

2018年3月10日 から マイLOVE♡マイLIFE | 0件のコメント

2月28日(水)はれ 北の中風
8時 気温13.7度 湿度30%

春が来た。と思える時を感じる。
今夜から雨が降り、春一番が吹くという。

春作の苗作りがいよいよ開始。胸がいっぱいになる。
去年しげファームで蒔いたと同じ日に同じ作目を播く。
今日はブロッコリ、キャベツ、白菜をそれぞれ200播く。
秋作で使ったより大きい50穴セルトレイを使う。
根が回るのをできるだけ遅く、選抜の手間もない1粒播きにする。

ブロッコリー「ドシコ」
0228-1
キャベツ「渡辺成功甘藷」
0228-2
白菜「野崎春蒔一号」
0228-3

冬の主役の3品目。うまく育てられなかった冬のリベンジを春に果たしたい。
0228-4

今日も1日ありがとうございました(^o^)/


18/2/20 「雨水」防虫ネット張り。苗床づくり。マイラブ白菜鍋❤

2018年2月21日 から マイLOVE♡マイLIFE | 0件のコメント

2月20日(火)はれ 北の小風
8時 気温4.4度 湿度61%

昨日は二十四節気の「雨水」
雪が雨に変わる気候に変わるとき。

この時期の気候は三寒四温。
一番温度管理が大変で目が離せない時。

いよいよ、春夏作に向けた準備が始まる。

一度失敗した「金町小かぶ」最初の畝の追い蒔きが発芽。
すぐ乾燥してくるのでのでたっぷり水やりをする。
0220-1

雨水、次の節気は啓蟄。啓蟄だ!
先週くらいから、虫たちが這い出してくるのを感じ始める。
虫たちには申し訳ないが、あまりに容赦ないので、
虫が大好きなアブラナ科の作物から、防虫ネットをかけ、土で密閉してゆく。
一度ポリを外して、その下に防虫ネットをかけて、再びポリをかぶせる。
ピンとマイカ線も張り直すので、1つ仕上げるのにも結構な労力がかかる。
今日は4畝分やって区切りをつける。
日中の春の日差しに、野菜たちも気持ちよさそう。
1日4~5畝やって啓蟄までに終わらせよう。
0220-2

○苗床の準備
今日はホームセンターで苗床の木枠と電源ロール、のこぎり、金槌も購入。
注文していたプラダン(プラスチックダンボール)も届く。
0220-5

○新ハウスの地ならし
新ハウスの場所は、最初に人力で開墾、さつまいも、えだまめを植えた場所。
写真の向かって右から左に少し傾斜がある。
0220-3
耕うん機や管理機を使うと、ビニールを破るおそれがあるので、鍬でならすことにした。
結構な労力だが表面をさくるだけなので小1時間ほどで全面終わる。
一回鍬を入れるたびに思い出が蘇る。
0220-4

帰って白菜鍋。
白菜、春菊に隣の農家さんからいただいた葱を入れて。
白菜は未だに「巻いていない」
人様にお出しするにはまだ早く、
「まかない」として自給用にいただいている
「まかない白菜」
まだ青いが、味が強くて、自然なうまみのダシが出ておいしい。
黄色くなってきたら、もっとおいしいのだろう。
春菊は、かなり傷んでいるが、やはりうまい。
鍋の味をさらに見違えるように仕立てている感じ。
0220-6

「吸込二年子大根」で大根おろし。
全く水気が滲み出てこなく、雪のような見事な大根おろしが出来る。
味もほどよく辛くて、鍋料理が引き立つ。
0220-7
なんという幸せ。

今日も1日ありがとうございました(^o^)/

 

無農薬・自然栽培マイラブファーム
ご注文はこちらから↓
>>無農薬・自然栽培マイラブファーム

>>マイラブファームFacebookページ
>>半農半マイケル・マイケルやも


18/2/11 マイラブクリームシチュー❤人参畝ポリ被覆。ブロッコリー、白菜補植。

2018年2月12日 から マイLOVE♡マイLIFE | 0件のコメント

2月11日(日)くもり 南の小風
8時 気温10.4度 湿度32%

日差しは隠れているが午前から気温が10度を超える春めいた1日。
昨夜はまとまった雨が降ったが、畑の水ははけていてグチャグチャではなかった。
金町小かぶが数株だけ発芽。
0211-1

○人参畝ポリ被覆
昨日播種した人参畝にポリ被覆、密閉。
そのままじっと発芽を待つ。
0211-2

○ブロッコリー、白菜補植
出番を待っていたブロッコリー、白菜を補植。
ブロッコリーはキク科のレタス畝に、
白菜は白菜畝に補植。
果たしてどう生育するか、心配ながら見守る。

作業の後はセットに入れられなかった訳あり野菜たちでディナー。
0211-3
「みやま小蕪」、「黒田五寸人参」、じゃがいも「アンデスレッド」入りクリームシチューは激うま!
ラディッシュ、ルッコラのサラダ
蕪の葉炒め
大根の浅漬け
アースデイマーケットで買った自然農家「さくま草生農園」さんの玄米
でフルコースを堪能。

今日も1日ありがとうございました(^o^)/

 

無農薬・自然栽培マイラブファーム
ご注文はこちらから↓
>>無農薬・自然栽培マイラブファーム

>>マイラブファームFacebookページ
>>半農半マイケル・マイケルやも


18/1/21 おためし販売準備。若白菜鍋。

2018年1月22日 から マイLOVE♡マイLIFE | 0件のコメント

1月21日(日)はれ

今週からおためし販売をはじめる準備。
本当に少しづつ、少しづつだけど、
「大切なあなたに、愛をこめて」
その言葉のとおり、本当に大切なみなさまに食べてもらいたい。
そしてその大切なみなさまにも、
大切な方々に、届けてほしい。
今日は収穫と写真とりを行う。

アンデスレッド。本当によくできたので、みんなに食べてもらいたい。
0121-2

にんじんも、うまく選抜ができて、いい形に育ってきた。
0121-3

収穫した野菜たちを調整。
0121-5

最初はこんな感じのセットになります。
じゃがいも、だいこん、かぶ、サニーレタス、こまつな、ほうれん草、水菜、ラディッシュ、ルッコラ。
0121-4

巻いていない白菜。
育苗と定植のタイミングが遅れて、この状態。
今日は家に持って帰って食べてみる。
0121-6
明日は大雪になる可能性もあるということで、
防寒対策も考えたが、夜から崩れだすということで、
明日中に行うことにした。
収穫した若白菜で鍋。
まだ青くて、味も本来の白菜とは違うが、
出会ったことのないおいしさがあった。
出汁は白菜のうまみが出て、さっぱりした程よい味。
0121-1

今日も1日ありがとうございました(^o^)/

 

>>無農薬・自然栽培マイラブファーム
>>マイラブファームFacebookページ
>>半農半マイケル・マイケルやも


18/1/17 阪神淡路大震災から23年。久しぶりの雨。ラディッシュ3種播種。

2018年1月18日 から マイLOVE♡マイLIFE | 0件のコメント

1月17日(水)くもりのちあめ
9時 温度9.7度 南の小風

阪神淡路大震災から23年目の日。
亡くなられた方々のご冥福と、ご家族、被災された方々の平安を心よりお祈りします。
阪神淡路大震災の時、祈る以外、僕には何も出来なかった。
東日本大震災が発生して、この生き方を考えるようになった。
畑から、西の空に祈る。
(南から北に向いている写真だが)
0117-1

少し温暖だが、思ったより肌寒い。
午後から雨が降る予報。
できるだけ畑で出来る作業を進めて、雨が降ったらハウスの中や資材の買い物などに行こうと思う。

 

○ラディッシュ3種を播種
うまく行かず撤収したチコリー畝に、ラディッシュ3種を播種。

赤丸二十日大根「コメット」
白長二十日大根「ホワイトアイシクル」
赤長二十日大根「ロングスカーレット」

固定種のラディッシュは、なかなか形が整わない。
師匠のしげさんもそう言って、よい形になるラディッシュを探し求めていた。
通年育てられて、冬野菜の中でも彩りをもたらす魅力的な仲間だ。
形がよくて、おいしいラディッシュを育てたい!
今まで、バラバラと1畝づつに播種していたが、
今回は1つの10m畝に3種類まとめて播種。
こうしてコンパクトにして播種するサイクルを短くして、畝効率を上げてゆく考え。
0117-2

そうしているうちに雨が振り始めてしまったので、
水を入れたい畝のポリを開けて、
昼の時間に八千代台のジョイフル本田農業資材館まで資材の買い出し。
培土用の腐葉土、バーミキュライト
ポリ被覆の押さえ用L字ピンを買おうとしたが残念ながら欠品(ToT)
トマト、きゅうりパイプなど春作に使う資材のチェック。
帰って、培土をつくり、
引き続きサニーレタスのまだ小さい苗も鉢上げ。
土が締まって根張りスピードが落ちているようだったので、
早めの鉢上げ。
先に鉢上げしたサニーレタスに比べると、まだこんなに違う。
(手前のが今日鉢上げしたサニーレタス)
0117-3

ハウスの白菜苗はやっと大きくなってきた。
このタイムスケジュールでは、とう立ちしてしまう可能性が高いが、
今はそんな予想もつかないので、
春夏作の苗作りが始まるまで、ハウスで調整を続けようと思う。
ひしめき合って窮屈になってきたが、上に向かって伸びた方が結球する力につながると思いそのまま様子を見る。
0117-4

雨は次第に激しくなってハウスの屋根を叩いた。
雪にならなそうで少し安心。
明日も暖かい1日になりそう。

今日も1日ありがとうございました(^o^)/

 

>>無農薬・自然栽培マイラブファーム
>>マイラブファームFacebookページ
>>半農半マイケル・マイケルやも