マイLOVE♡マイLIFE

マイラブファームのHeal The Worldな毎日〜マイラブ・マイライフ〜

18/5/5 初出荷翌日。ゴールデンワークは続く。

2018年5月5日 から マイLOVE♡マイLIFE | 0件のコメント

5月5日⁽土⁾はれ 8時 気温17.1度 湿度55%
風も収まり、涼しく穏やかな朝。

昨日、本販売スタート一週目の出荷が終了。
今日は子どもの日。
マイケルがこよなく愛した、子どもたちのための日が、僕たちの本格スタートの日になった。
感慨無量。

31949403_1841493319234600_36182539668291584_n

と、感慨にふける間もなく、GW(ゴールデンワーク)は続く。

〇ハウス裏の草刈り
これだけでも立派な農場。
二人で人力で開墾したのを思い出す。
とうがんを定植しようか、何にしようか、まだ思索中。
31946481_1841493492567916_2589678229367291904_n

〇かぼちゃに敷き藁
かぼちゃのつるを伸ばす場所に、
草マルチで敷き藁。
当たり前だが、ネズミムギなどの野草とは藁感が違う。
31957539_1841493605901238_1980899656342700032_n

〇ごぼうの除草
ごぼう畝が、アカザで囲まれ、「アカザ畑」と化す。
申し訳ないがハサミで切り落とし、畝間に敷いてゆく。
31947076_1841493352567930_7962419043757981696_n
スッキリ\( ‘ω’)/
31944170_1841493822567883_2767435715884089344_n

〇えんどうネットかけ
まだネットをかけられていなかったスナップえんどうにようやくネットがけ。
待ちくたびれたスナップえんどうがくたっとしゃがみこんでいる。
こういうのは、本当にタイムリーにやらないとならない。猛反省。
31948836_1841494045901194_8772800405244477440_n

〇収穫~発送
業者さまなどに収穫出荷発送。
Lセットの見本写真を撮影。
31531476_1841494302567835_6612552762980827136_n

今日も1日ありがとうございました(^O^)


18/4/11 またも強風。かぼちゃ畝漁網で補強。

2018年4月12日 から マイLOVE♡マイLIFE | 0件のコメント

4月11日(水)くもり 南の強風
8時 気温17.2度 湿度72%

またも風が強い。
昼から明日朝にかけて強風注意報あり。
これからは風予報もしっかりと押さえないと。

下仁田ねぎが発芽。
0411-1
白菜3陣も発芽。

午前中は水やりや小さな作業だけ行い、
午後一番で所要があり千葉駅付近へ。
14時過ぎに戻ると、かぼちゃの不織布トンネルが強風で飛ばされていた。
強風の中で、不織布を元に戻すのは至難の業だったが、
文太さん(仮称)から風よけにとお預かりした漁網で押さえながら修復。
文太さん(仮称)に心から感謝。
0411-2

夕方はいつもお世話になっているピースデリさんむけ収穫~発送。

まだ発芽しないとうもろこし畝に水をやり作業を終える。
0411-3

今日も1日ありがとうございました(^o^)/


18/4/10 島根で地震、大きな被害がないことを祈る。かぼちゃ、里芋を定植。

2018年4月11日 から マイLOVE♡マイLIFE | 0件のコメント

4月10日(火)はれ 東の小風
8時 気温13.4度 湿度36%

昨日は島根を中心に大きな地震が発生。
大きな被害がないことを心より祈ります。

冷涼で湿度低く、時折肌寒いが過ごしやすい朝。

○定植
・固定種「東京かぼちゃ」を定植。
初めて育苗した夏野菜が畑にデビュー。
この日を迎えた感動で目頭が熱くなる。
株間75㎝、畝間を1mとり、
両側から真ん中の畝間につるを伸ばすように、
内側に向けて斜め45度くらいに定植。
0410-3
こんな感じ。
0410-4
耕うん~畝立て~マルチ張りも当日に行う。
最後は不織布トンネルを被覆。

・里芋「石川早生」定植
0410-1
種いも10kgを定植。
75㎝おきに15㎝くらいの溝を作り、株間35㎝程度で定植。7㎝ほど覆土。
0410-2
畝立ても当日に行う。

ちなみに管理機の修理部品が届かず。
今も人力で畝立てをしている。

2つとも大きな作業だったが、何とかやり遂げる。

今日も1日ありがとうございました(^o^)/


18/3/23 かぼちゃ鉢上げ。果菜畝など耕うん。

2018年3月24日 から マイLOVE♡マイLIFE | 0件のコメント

3月23日(金)くもりときどきはれ 南の小風
8時 気温10.9度 湿度73% 15時気温13.8度 湿度55%

明け方まで雨、朝のうちは肌寒さも残る。
日中は暖かい春らしい1日。
苗床にカエルさんも来る^_^
0323-1

○生育
ロメインレタスが発芽。
0323-3

なす、ピーマンが発芽しはじめる。
大分時間がかかっている。
少し覆土が浅かったのかもしれない。
ピーマンは嫌光性(発芽に光を必要としない)種子。
地温が十分安定していなかったからかもしれない。

「伊勢ピーマン」(上)、「三重ピーマン」(下)
0323-4

○収穫~出荷
3月25日開催のBe Good Cafe Vol.100むけの収穫を行い、発送完了。
当日が楽しみ。

○耕うん
果菜畝を作る。鳥対策も行わねば。
冬の間作った春菊、小松菜畝の一つがほとんど生育せず、やり直し。
頑張ってくれていた野菜たちには申し訳ない。
気持ちを切り替えて、他の作物を植え直す。
0323-5

○育苗
「東京かぼちゃ」を鉢上げ。
初めての鉢上げ。10.5センチポットを初めて使う。大きい。
本当は最初からポットにした方がよいのだが、
地温がうまく伝わるか不安で、最初はセルトレイから開始している。
かぼちゃはあまり移植しない方がよい。種ごと移植するように。
という記事もある。
とりあえず今日は3箱のうち1箱だけ鉢上げして様子を見る。

0323-6

カラーピーマンを2種を播種。
「浜クロピー」30粒、「浜ニュークリーム」20粒。
袋の写真、どっちが本当の色なのだろうか?
途中で色が変わるのかな?
0324-7

紫キャベツを播種。
「紫甘藷レッドエーカー」1粒まき50セルトレイ×2箱
0323-7

今日も1日ありがとうございました(^o^)/


18/3/16 ブロッコリー追い蒔き。ロメインレタス播種。

2018年3月20日 から マイLOVE♡マイLIFE | 0件のコメント

3月16日(金)雨 北の強風
9時 気温15.0度 湿度80%

昨夜から寒気が入り、気候が変わる。
今日も強い風が吹く。
予報ではぱらつく程度の雨だったが、ほぼ1日降り続く。

そらまめが白い花をつける。
0316-1

東京かぼちゃの本葉が発芽。
0316-2

○レタス定植
カリフラワー畝にサニーレタスとキクチシャを混栽。
超密植となるが、やってみる。
0316-3

○育苗
・ブロッコリー「ドシコ」1粒まき50セルトレイ×4箱
・ロメインレタス1粒まき50セルトレイ×4箱
0316-5

作業後、映画「グレイテスト・ショーマン」を見に行く。
夜ゆっくりと映画を見に行くのは初めて、新鮮で楽しかった。
多様な個性を許容し、愛をもって形にする。
僕たちにもいろんなメッセージが示唆されていて、とても感動した。
0316-6

今日も1日ありがとうございました(^o^)/


18/3/6 啓蟄「3月は寒暖差に注意」大根追い蒔き。きゅうり2種を播種。

2018年3月18日 から マイLOVE♡マイLIFE | 0件のコメント

3月6日(火)くもり 北の小風
8時 気温1.7度 湿度64%

今日は二十四節気の啓蟄。
虫たちが目ざめ、地上に出てくる時期。
わが畑では、カエルくんが目覚める^_^
0306-7

昨日は春らしい温暖な雨。
今日は一転して冬の寒さに逆戻り。
3月の昼夜や日ごとの寒暖差には、細心の注意が必要。

そらまめが莢をつける。
0306-1

かぼちゃが発芽。
0306-3

○畑の計測
外周を測りボールで目印をつける。
10mにつき1mしろを取り、22mを1つの直線にする。
秋冬作は、外周に合わせて11mごとに角度が付いていたため、
20m畝に被覆をすると歪みが生じていた。
これを修正するため、直線を多くする。
22mが4ライン分作れる。

○移植
作付計画でレイアウト変更する場所に中途半端に残ったきぬさやをアブラナ苗に移植。
センターに穴を開けて密植にする。
今までのところ、マメ科が入ると、やはり生育がよくなる。
今回はどうだろうか?
0306-6

○直播
冬まきしたが寒さの風でほとんど消えてしまった
「亀戸大根」を蒔き直し。
0306-2

○育苗
きゅうり播種
「大利根きゅうり」1粒まき50セルトレイ×2箱
0306-4
「神田四葉」1粒まき50セルトレイ×3箱
0306-5

地温センサーが10度台でまだ地温が温めきれていないのが少し心配。

今日も1日ありがとうございました(^o^)/


18/3/1 虫たちも目覚める。カボチャ、メロン、すいか、とうがんを播種。人参畝を混栽畝に。

2018年3月10日 から マイLOVE♡マイLIFE | 0件のコメント

3月1日(木)雨のちくもり 南の強風
8時 気温14.8度 湿度78%

今日から3月。昨夜から雨。
今日も午前中は暖かい雨が降り、強風が吹き荒れる。

冬白菜が巻かないままとう立ち。
0301-1

虫たちも目覚める。
0301-3
温床の外に既に蟻が巣を作っていた。
0301-2

○苗作り
今日はウリ科4種を播く。
かぼちゃ「東京カボチャ」
0301-4
メロン
「菊メロン」値札つき(^o^;
0301-5
「ニューメロン」値札かくす(^o^;
0301-6
すいか「乙女西瓜」
0301-7
とうがん「沖縄冬瓜」
0301-8

○定植
密閉ポリで育てたにんじん畝をついに開ける。
真冬の播種で難しかったがやはり半分くらいは定着していなかった。
定着しなかったマルチ穴に定植機会を失って苗として残っていた、
チコリー、コールラビ、ゴルゴビートの3種を定植。
チコリーは一度定植したが風と寒さで瀕死となり、
一旦ハウスで保護して再生させたもの。
草丈が高く、虫を寄せるアブラナ科のコールラビを真ん中に置き、
虫の数をコントロールするキク科のチコリーは外側に置き、
アカザ科のゴルゴはそれ以外の空いたところに定植。
0302-2

こうして人参畝は規則性の低い混作となった。
普通の農家は、こういうことはしない。
整然と、規則性に従って作物を植えて、収穫効率をよくする。

自然栽培では大規模な単作が連作障害を生む一つの大きな原因と見ている。
整然と整列させられ画一化されていることが、植物にとってもストレスになる。
自分らしくありのままに生きたい。これは人間と一緒なのだと思う。
人参が定着しなかった穴は不規則。
その不規則なところに、人参ではなく他の作物を植えることによって、
多様性と不規則性をもたらし、自然界で起こる偶然性に近づける。
これこそが、自然栽培の指し示す方向なのではないかと思う。
こういう非効率なことをするのは、
「農業」を「農業」として捉えていないから。

ただ、この時期まで育ち遅れてしまった野菜たちが無事に育つかどうかはわからない。
冒頭のとおり、白菜はとう立ち。適期に定植できなかった為、自力で結球することができず、そのまま栄養成長から花を咲かせて子孫を残そうとする生殖成長に移行した。
どういうことになるのかということを、自分の肌で知っておかなくてはならない。

ちなみに、こんな研究成果がある。

一般社団法人日本植物生理学会HPより
>>栄養成長から生殖成長に切り替わりには何が作用するのですか?
なるほど!

今日も1日ありがとうございました(^o^)/


17/5/28 教えているのは『全部失敗して経験して学んだこと』

2017年6月18日 から マイLOVE♡マイLIFE | 0件のコメント

2017年5月28日(日)
朝9時 はれ 23.5度 南の小風

トマトも大きくなってきた。0528-5

相変わらず失敗の連続。
教えているのは『全部自分が失敗して経験して学んだこと』
大切なのは、その経験をどう生かすか。
しげさんが話す。

○収穫
・ディル
間引きしながら取り進める。
ハーブの収穫期間は短い。バジルは比較的長く収穫することができて重宝する。

・ブロッコリー
0528-1
毎日収穫する。
スティックブロッコリーは、先端より、枝の部分をおもに出荷する。
茎がおいしいのが、スティックブロッコリーのポイント。

・ズッキーニ
雄花を雌花につけて受粉させると、実が育ち、3〜4日で収穫。
トゲに当たって傷つけないよう、細心の注意を払って摘んでゆく。

○モロヘイヤの定植

○さつまいもマルチがけ

○チコリーの調整
0528-2
大きくなったものを選んで、ひもで縛る。
こうすると、中心の部分がより甘くなる。

○玉ねぎ、にんにく干しの場所づくり
常にどんな方法で作業するか、どんな道具を使うか考えながら行う。
0528-8

○自家培土づくり
0528−3
しげさんから、余った材料で、自家培土を作って、研修生たちで分けるようにとプレゼントをいただく。
暖かい計らいに感動。一人立ちした第一歩はこの自家培土で苗作りを行うことができる。
昼休みを使って協力して行う。

○生育チェック

・かぼちゃ
0528-4
もう地面を覆い尽くすほど生い茂っている。
受粉のしかたはズッキーニと同じ。
脇芽とりはもう少し後でも大丈夫。
うりはむし、うどんこ病に注意。

午後 28.5度

○トマトの脇芽かきと誘引
0528-7
脇芽は全てとって主軸の生長に集中する。
マイクロトマトだけ、第一花の直下の脇芽だけ残す。
(連続摘心といって、主軸ではなく脇芽を伸ばすという方法もある。)
脇芽かきをした後は、グッと実が大きくなってくる。

最初目が慣れなかったがだんだんわかってくる。
脇芽をとった傷口からは病気になりやすくなる。
裂けないように、パキっと折る。これが難しい。
角度と勢いが大事。

おもに自然農法種は、成長点は残して根を伸ばす力を助ける(放任)
在来農法種は、摘心して上を伸ばす
とよいとのこと。

0528-6
きゅうりの出荷はじまる。去年初めて食べてビックリした、あの食感が蘇る。
リーフレタスもふわふわで幸せ感が口の中に広がる。
そして、お隣が釣ってきたかつおのおすそ分けをいただき、刺身で食す。
久しぶりのお刺身、おいしくいただきました。

今日も1日ありがとうございました(^o^)/

しげファームの無農薬お野菜、注文はこちらから!
>>野菜宅配・しげファームのビオマルシェ

この日記は千葉の有機農家・しげファームさんでの修行記録です。
>>しげファームHP

>>ブログ「しげファームの作業日誌」


17/6/2 『ハチがいない』ズッキーニの収穫など

2017年6月3日 から マイLOVE♡マイLIFE | 0件のコメント

2017年6月2日(金)
朝9時 はれ 28.3度 西の中風

6月に入った。ナスの身も大きくなる。
0602-1

『今年はハチをほとんど見ない。』
しげさんが言う。
毎年少なくなってきているが、今年は極端に少ないそう。
農薬散布による生態系の崩壊が気がかり。
ズッキーニ、とうもろこし、かぼちゃ、スイカなど、朝の早いうちに、ハチのお仕事以外にも、人の手で受粉させているが、今年はこの作業にかける時間が多くなりそう。

○ズッキーニ収穫
花が咲いてから3〜4日後が収穫どき。
花がとれたら生長が終わる。小さくても収穫する。

○じゃがいもの除草
0602-2
きぬさや→そらまめ→スナップえんどうと、豆が一巡したら芋の出番。
じゃがいもは、品種をローテーションして、出荷期間とバリュエーションを稼ぐ。

○さつまいも水やり
0602-3

午後 14時 28.6度

○出荷のための包装
そらまめ、キャベツ、コールラビ、カリフラワー、ブロッコリー、ズッキーニ、スナップえんどう、きぬさや、レタス、だいこん、にんじん、ピッコロにんじん、赤かぶ、玉ねぎを包装

○生育ウォッチ
かぼちゃも大きくなってきた(が、まだまだだそう)
0602-4

 

今日も1日ありがとうございました(^o^)/

しげファームの無農薬お野菜、注文はこちらから!
>>野菜宅配・しげファームのビオマルシェ

この日記は千葉の有機農家・しげファームさんでの修行記録です。
>>しげファームHP

>>ブログ「しげファームの作業日誌」

 


17/5/14 トマト定植、パプリカ、かぼちゃの調整

2017年5月15日 から マイLOVE♡マイLIFE | 0件のコメント

2017年5月14日(日)
朝9時 あめのちくもり 17.8度 南からの小風

母の日。昨日からの雨が長引く肌寒い朝。

○なす、きゅうり、とうがんの鉢ずらし
0514-1
育苗ハウスで出番を待つ苗もあとわずか。

○パプリカの誘引
0514-2
ネットを上に引き、マスから頭を出させ誘引。
ネットを安定させるために何を使うかしばし沈思。
ダンポールを使うことに決定。
さらに篠竹とひもで誘引。

パプリカは1番花は大きくしないで摘心したほうが、その後たくさん実をつけるそう。

○トマト3畝目に3種を定植
0514-3
○かぼちゃ防草シートはがし、微生物菌施肥、整枝
0514-5
親ヅルと子ヅル2芽を残してツルを整枝。

○トマト不織布トンネルがけ、支柱立て、誘引
今日定植した畝は不織布トンネルがけ
0514-7
前に定植した2畝はパイプトンネルの間に支柱を合掌組みして、マイカー線で固定。
0514-8
その後ひもで誘引。
0514-6
少しでも花に触れると花がポトッと落ちてものすごい罪悪感が(^o^;
神経を使って、そぉーっと誘引を行う。

今日も1日ありがとうございました(^○^)ノ

いよいよ5月15日発送分から、宅配がはじまります!
注文はこちらから!
>>野菜宅配・しげファームのビオマルシェ

この日記は千葉の有機農家・しげファームさんでの修行記録です。
>>しげファームHP

>>ブログ「しげファームの作業日誌」