マイLOVE♡マイLIFE

マイラブファームのHeal The Worldな毎日〜マイラブ・マイライフ〜

17/5/28 教えているのは『全部失敗して経験して学んだこと』

2017年6月18日 から マイLOVE♡マイLIFE | 0件のコメント

2017年5月28日(日)
朝9時 はれ 23.5度 南の小風

トマトも大きくなってきた。0528-5

相変わらず失敗の連続。
教えているのは『全部自分が失敗して経験して学んだこと』
大切なのは、その経験をどう生かすか。
しげさんが話す。

○収穫
・ディル
間引きしながら取り進める。
ハーブの収穫期間は短い。バジルは比較的長く収穫することができて重宝する。

・ブロッコリー
0528-1
毎日収穫する。
スティックブロッコリーは、先端より、枝の部分をおもに出荷する。
茎がおいしいのが、スティックブロッコリーのポイント。

・ズッキーニ
雄花を雌花につけて受粉させると、実が育ち、3〜4日で収穫。
トゲに当たって傷つけないよう、細心の注意を払って摘んでゆく。

○モロヘイヤの定植

○さつまいもマルチがけ

○チコリーの調整
0528-2
大きくなったものを選んで、ひもで縛る。
こうすると、中心の部分がより甘くなる。

○玉ねぎ、にんにく干しの場所づくり
常にどんな方法で作業するか、どんな道具を使うか考えながら行う。
0528-8

○自家培土づくり
0528−3
しげさんから、余った材料で、自家培土を作って、研修生たちで分けるようにとプレゼントをいただく。
暖かい計らいに感動。一人立ちした第一歩はこの自家培土で苗作りを行うことができる。
昼休みを使って協力して行う。

○生育チェック

・かぼちゃ
0528-4
もう地面を覆い尽くすほど生い茂っている。
受粉のしかたはズッキーニと同じ。
脇芽とりはもう少し後でも大丈夫。
うりはむし、うどんこ病に注意。

午後 28.5度

○トマトの脇芽かきと誘引
0528-7
脇芽は全てとって主軸の生長に集中する。
マイクロトマトだけ、第一花の直下の脇芽だけ残す。
(連続摘心といって、主軸ではなく脇芽を伸ばすという方法もある。)
脇芽かきをした後は、グッと実が大きくなってくる。

最初目が慣れなかったがだんだんわかってくる。
脇芽をとった傷口からは病気になりやすくなる。
裂けないように、パキっと折る。これが難しい。
角度と勢いが大事。

おもに自然農法種は、成長点は残して根を伸ばす力を助ける(放任)
在来農法種は、摘心して上を伸ばす
とよいとのこと。

0528-6
きゅうりの出荷はじまる。去年初めて食べてビックリした、あの食感が蘇る。
リーフレタスもふわふわで幸せ感が口の中に広がる。
そして、お隣が釣ってきたかつおのおすそ分けをいただき、刺身で食す。
久しぶりのお刺身、おいしくいただきました。

今日も1日ありがとうございました(^o^)/

しげファームの無農薬お野菜、注文はこちらから!
>>野菜宅配・しげファームのビオマルシェ

この日記は千葉の有機農家・しげファームさんでの修行記録です。
>>しげファームHP

>>ブログ「しげファームの作業日誌」


17/6/2 『ハチがいない』ズッキーニの収穫など

2017年6月3日 から マイLOVE♡マイLIFE | 0件のコメント

2017年6月2日(金)
朝9時 はれ 28.3度 西の中風

6月に入った。ナスの身も大きくなる。
0602-1

『今年はハチをほとんど見ない。』
しげさんが言う。
毎年少なくなってきているが、今年は極端に少ないそう。
農薬散布による生態系の崩壊が気がかり。
ズッキーニ、とうもろこし、かぼちゃ、スイカなど、朝の早いうちに、ハチのお仕事以外にも、人の手で受粉させているが、今年はこの作業にかける時間が多くなりそう。

○ズッキーニ収穫
花が咲いてから3〜4日後が収穫どき。
花がとれたら生長が終わる。小さくても収穫する。

○じゃがいもの除草
0602-2
きぬさや→そらまめ→スナップえんどうと、豆が一巡したら芋の出番。
じゃがいもは、品種をローテーションして、出荷期間とバリュエーションを稼ぐ。

○さつまいも水やり
0602-3

午後 14時 28.6度

○出荷のための包装
そらまめ、キャベツ、コールラビ、カリフラワー、ブロッコリー、ズッキーニ、スナップえんどう、きぬさや、レタス、だいこん、にんじん、ピッコロにんじん、赤かぶ、玉ねぎを包装

○生育ウォッチ
かぼちゃも大きくなってきた(が、まだまだだそう)
0602-4

 

今日も1日ありがとうございました(^o^)/

しげファームの無農薬お野菜、注文はこちらから!
>>野菜宅配・しげファームのビオマルシェ

この日記は千葉の有機農家・しげファームさんでの修行記録です。
>>しげファームHP

>>ブログ「しげファームの作業日誌」

 


17/5/14 トマト定植、パプリカ、かぼちゃの調整

2017年5月15日 から マイLOVE♡マイLIFE | 0件のコメント

2017年5月14日(日)
朝9時 あめのちくもり 17.8度 南からの小風

母の日。昨日からの雨が長引く肌寒い朝。

○なす、きゅうり、とうがんの鉢ずらし
0514-1
育苗ハウスで出番を待つ苗もあとわずか。

○パプリカの誘引
0514-2
ネットを上に引き、マスから頭を出させ誘引。
ネットを安定させるために何を使うかしばし沈思。
ダンポールを使うことに決定。
さらに篠竹とひもで誘引。

パプリカは1番花は大きくしないで摘心したほうが、その後たくさん実をつけるそう。

○トマト3畝目に3種を定植
0514-3
○かぼちゃ防草シートはがし、微生物菌施肥、整枝
0514-5
親ヅルと子ヅル2芽を残してツルを整枝。

○トマト不織布トンネルがけ、支柱立て、誘引
今日定植した畝は不織布トンネルがけ
0514-7
前に定植した2畝はパイプトンネルの間に支柱を合掌組みして、マイカー線で固定。
0514-8
その後ひもで誘引。
0514-6
少しでも花に触れると花がポトッと落ちてものすごい罪悪感が(^o^;
神経を使って、そぉーっと誘引を行う。

今日も1日ありがとうございました(^○^)ノ

いよいよ5月15日発送分から、宅配がはじまります!
注文はこちらから!
>>野菜宅配・しげファームのビオマルシェ

この日記は千葉の有機農家・しげファームさんでの修行記録です。
>>しげファームHP

>>ブログ「しげファームの作業日誌」


17/4/14 かぼちゃの定植、『春先は寒暖差に細心の注意を』

2017年4月15日 から マイLOVE♡マイLIFE | 0件のコメント

2017年4月14日(金)
朝9時 はれ 16.8度 南からの小中風

熊本地震から1年。心よりお見舞い申し上げます。
今朝しげファームは3.9度まで冷え込んだそう。
4度を下ると地中温度は氷点下になり、作物に影響が出る可能性がある。
春先の寒暖差は思った以上に激しく、作物の管理には細心の注意を払う。
しげさんは朝方の暗いうちに一部防寒対策を施した。
この心構えがないと務まらない。

◯かぼちゃの定植
0414-1
しげさん自家培養の納豆菌を散布して畑へ。

本葉3~5枚で定植。
0414-2
脇芽を使う「子づる仕立て」、何もしない「放任」など栽培方法は色々。
しげファームでは「親子3本仕立て」
うどんこ病が広がる前に親づるから収穫、子づるからよいものを選別して残す。

苗は他の作物畝に広がらないように畝の内側に向けて定植する。
ウリ科は根がデリケートなので取扱いはやさしく。

最初のうち、資材はできるだけ使い回しできるように、規格を統一したほうがいい。
不織布はつるが伸びた頃にはずす。

午後14時 はれ 23.7度 南小中風

◯つるなしいんげん播種(直播)
0414-5
シャキシャキしたいんげんでお客様に好評だそう。

いんげんは高温を好む。
ハト、カラスよけに不織布をかぶせる。
2週間後につるなしいんげんを播種の予定。

◯さつまいもの苗づくり
0414-7
ハウス1の温床苗場を一部かたづけて、さつまいも用の苗場をつくる。
・培養土
・微生物菌
を施肥のあと種芋を土中に埋め、
・もみがら
を播く。

◯フェンネルの播種

今日も1日ありがとうございました(^o^)/

>>半農半マイケル・マイケルやも

この日記は千葉の有機農家・しげファームさんでの修行記録です。
>>しげファームHP

>>ブログ「しげファームの作業日誌」


17/3/26 苗の移植がはじまる『命の誕生は宇宙の奇跡』

2017年3月26日 から マイLOVE♡マイLIFE | 0件のコメント

2017年3月26日(日)
雨 6℃ 小風

真冬並みの寒さに冷たい雨が降りつづける。
今日は育苗ハウスでの作業。

○苗の移植(鉢上げ)
0326-1
ズッキーニ、かぼちゃ、きゅうりの苗をセルトレイからポットに移植(鉢上げ)。
これから、ハウスで育てた苗が次々と畑に送り出され、新しい苗の仕込みが続きます。

“天水(てんすい)” 農業では雨水のことをこう呼ぶそうです。
わたしは雨の日の畑もまた大好きです♪

天からの水が大地にしみこんでいく、その音、静かな時間。。すごく好きです。

しげさんからいろんなお話を聞きながらビニールハウスでの作業。

日々しげさんからいただく“数々の名言“があります。

今日の名言は「種を土に植えそして芽が出る(命が誕生する)これはほんと宇宙の奇跡だ」と。

春のステージの出番をまつ目の前の奇跡たちに感謝です。心からありがとうლ(❛◡❛✿)ლ

 

○水やり

十分に水が浸透するまで水をやる。
0326-2
葉が大きくなっている苗は、葉の横にホースを近づけて、すべての苗の根元に水がかかるようにする。
0326-3

今日も1日ありがとうございました(^o^)/

千葉の有機農家しげファームのお野菜はこちら
(2ー4月は端境期で宅配お休みです)

>>しげファームHP
>>ブログ「しげファームの作業日誌」


17/3/24 トマト、かぼちゃの土入れ あんずの花開く

2017年3月24日 から マイLOVE♡マイLIFE | 0件のコメント

2017年3月24日(金)
くもり 9℃ 小風

あんずの花がきれいに咲いています。素晴らしい!
0324-1
奥には杉の木が花粉を撒きまくっています^^;

少し肌寒い1日。
気温や天候の変化の都度、苗場やトンネルの温度を調節。
これが毎日できないのであれば育苗は無理との由。
0324-8

○トマト、かぼちゃの土入れ
0324-2
トマト用のトンネルは特注もの。幅が2mある。
まずは両端をしっかりと測ってダンポールで目印をつける。

トマト、かぼちゃ3畝づつ、かなり広い
・草木有機培土
・鶏糞
・苦土
・リン酸カルシウム
・貝化石
・微生物菌
をまいて半日以上を費やす。
0324-7

○にんじんの追加播き
0324-4
発芽しなかったところに種を播く。

しげファームの老朽化した作業場のコンパネが一部改修されていた。
0324-5
毎年少しづつ改修してゆくそう。
0324-6

今日も1日ありがとうございました(^o^)/

千葉の有機農家しげファームのお野菜はこちら
(2ー4月は端境期で宅配お休みです)

>>しげファームHP
>>ブログ「しげファームの作業日誌」